【2025】大阪万博いつから?キャラクターの名前はミャクミャク!

2025年に大阪市の人口島、夢洲で大阪・関西万博が開催されます。

テーマは『いのち輝く未来社会のデザイン』

1970年に開催された、太陽の塔でお馴染みの大阪万博のテーマは

『人類の進歩と調和』でした。

スポンサーリンク
目次

大阪万博と関西万博を、比較してみました。


1970年大阪万博

2025年大阪・
関西万博
場所大阪府吹田市大阪市此花区・
夢洲
期間1970.3.15~9.132025.4.13~
テーマ 人類の進歩と
調和
いのち輝く
未来社会の
デザイン
入場者6421万人?
テーマソング世界の国からこんにちはこの地球の続きを(コブクロ)
タイトル詳細を見る詳細を見る

万博=万国博覧会のことで目的は、広く色々な国や人に新しい文化や技術を紹介し、将来の展望を示すこととされています。Wikipedia参照

1970年の万博は、何と言っても『アポロ8号』が1969年人類が初めて月面着陸を決行し、持ち帰ったと言われる月の石を、見るために4時間近くも並びました。

そして当時は「夢のエネルギー」と言われていたのが原子力発電で作られた電気でした。

経済成長期の日本にとって、石炭などで電気を作っても十分には足りず『ウラン』と言う燃料をたった1グラム使うだけで、石炭なら3トン分、石油なら2000リットル作ることが出来る原子力に期待が集まっていた。

関西万博キャラクターの名前

関西万博のキャラクターの名前決まりました!「ミャクミャク」です。

関西万博が、あと1000日になった今日、7月18日公式キャラクターの名前が「ミャクミャク」に決まりました。愛称は募集33197の中から決まりました。

今まで「脈々と」受け継がれてきた私たち人間のDNA…私たち人間の素晴らしさを「脈々と」未来に受け継がれていくはず。そんな思いから「ミヤクミャク」に決まりました。 

始まりは大阪万博

1970年8月8日の午前11時すぎ、福井県美浜発電所から170km先にある大阪万博に初めて原子力の電気が送り出され、日本が原子力を使い始めとなり、今日に至りました。

そして、会場内の移動手段として、電気自動車やモノレールなどが走り、リニアモーターカーや南極探検、ファイバースコープ、耐震建築などを紹介しています。

問題点の改善

この大阪万博から約50年、急成長を果たした日本ですが、数々の問題点も…特に原子力発電に関しての問題は数多く発表されています。

その事を踏まえて、2025年の関西万博で取り組まれる SDGs(エス・ディー・ジーズ)です。

持続可能な開発の為2030年までによりよい世界を目指す目標です。

SDGs とは『Sustainable Development Goals』です。

大阪市の取り組みhttps://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000450087.html

最後に

1970年に始まった大阪万博から急成長を成し遂げた日本、2025年の関西万博で住み良い世界に成し遂げて行くことが目標です。

そして

1969年に月の石を持ち帰った宇宙飛行士に変り、2021年に民間人が宇宙旅行を計画されていて、ZOZOの前社長が宇宙にたどり着きました。2023年には月に…

その展開が期待されています。

最後までお読みいただきありがとうございました。


人気ブログランキング
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次