【プラントベース】食品の開発をカゴメから学ぶ?ヴィーガン料理との違いは?

トマトケチャップで有名なカゴメが野菜をふんだんに使った料理や野菜接種の指導など健康ビジネスに力を入れている中で今注目を集めている【プラントベース】食品も開発!【プラントベース】食品ってどんな料理?

植物性由来の食材から作る【プラントベース】はヴィーガン料理とどう違うのか調べてみましたので是非最後までご覧くださいね。

目次

【プラントベース】とは

あまり聞きなれないプラントベースとは。、一体何でしょう?

プラントベースは、動物性原材料ではなく、植物由来の原材料を使った食品です。

大豆や小麦などから 肉  卵  ミルク  バター  チーズ  などの代替となる加工食品が作られています。大豆は、大豆の油分を絞って熱や圧力を加えて乾燥させています。

普段食べているのと見た目は変わらないですが、こんな風にミートが大豆などから作られているんですね。

ベジタリアンとは?

ベジタリアンは(菜食主義者)は動物食品の摂取に一部制限をかけている人々で、一般的には肉類、魚類を食べない人達を指します。動物性食品の中でも乳製品だけを食べるベジタリアンはラクト・ベジタリアン、乳製品と卵類を食べるベジタリアンはオボ・ベジタリアンなどと呼ばれています。

日本ベジタリアン協会

ヴィーガンとは?

一般的にヴィーガン(完全菜食主義者)は一切の動物性食品の摂取を避ける人々の事を指します。また食品にとどまらず、その製造過程における動物性由来との関係性や衣類、日用品なども含め、あらゆる動物性食品の使用を制限している人たちもいます。そこには、動物愛護や環境保護の観点、さらに宗教上の理由などが由来していることもあります。

日本ベジタリアン協会

【プラントベース】注意すべき点

【プラントベース】とヴィーガンやベジタリアンには大きな違いがありましたね。注意しなければいけない点はプラントベースフード食品と言う記載はあっても、例えば、サンドウィッチのパンに卵が含まれていたりプラントベースのミンチを使っていても、パルメザンチーズが使われていると言ったことがあるので、ヴィーガンやベジタリアンの人はプラントベース食品には、注意が必要になりますね。

【プラントベース(大豆ミート)】心配な点

【プラントベース】食品は主に大豆を使ってお肉や卵に似たものを作っているわけですが、心配な点は

  • 加工することにより、添加物が増える
  • 遺伝子組換大豆が使われるのではないか
  • 塩分が多くなる
  • イソブラボンの過剰摂取になりすぎると良くない

【プラントベース(大豆ミート)】の良い点

まるでお肉を食べているかのような【プラントベース】の良い点は

  • 高タンパク質、低脂質(植物性タンパク質はアミノ酸のバランスが良い
  • ノンコレステロール、コレステロール値を下げる大豆ペプチドなどもふくまれている
  • ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富(キャベツの3倍)
  • 大豆イソブラボン(ポリフェノールの一種)が含まれている
  • 環境に良い
  • 長期保存できる(乾燥した状態で販売されている)

まとめ

大豆ミートなどの植物由来食品【プラントベース】は、身体にも環境にも良く、栄養価が豊富で健康志向や、ダイエット中の人にも大人気です。

ヴィーガンやベジタリアンの人にもおすすめではありますが、選ぶうえでの注意点もあります。

逆に糖尿病など健康上の理由から、ヴィーガンやベジタリアン料理を選んでた人にとっては、【プラントベース】は有効にお使い頂けますね。

色んなレシピ本が出てくるのも楽しみですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次