古希のお祝いはしない方が良い理由4つと自分でお祝いするポイントや古希のプレゼントについて

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

古希のお祝いはしない方が良い理由4つと自分でお祝いするポイントや古希のプレゼントについてお伝えします。

ネットで検索すると、「古希のお祝いはしない方が良い」「古希は自分で祝う」と言う

意見が出てきますが、実際にはお祝いすることにメリットもあります。

古希のおいわいを避ける理由として挙げられてる4つのポイントです。

目次

 å¤å¸Œã®ãŠç¥ã„はしないほうが良い理由4つ

理由1:年寄り扱いを避けたい

現代社会では、古希のお祝いを行わない方がいいとされる理由のひとつに、「年寄り扱いをされたくない」という気持ちがあります。

しかし、70歳を超えた人の多くは仕事や趣味など、元気に生活していますし

長寿のイメージは80歳以上にあたります。

年寄り扱いを避けたい場合は、本人や家族の意向によって別の形でお祝いしても良いでしょう。                                    

理由2:厄年だから

古希のお祝いを避ける理由として、「厄年」という考え方があります。

厄年には、本人が周囲の人たちにご馳走を振る舞って厄除けをするという風習があるので、古希のお祝いを

ご自身で開催されることもあります。。

しかし、古希と厄年は必ずしも関連性がないため、古希のお祝いを避ける必要はないでしょう。

理由3:日本由来ではない(中国由来)だから

古希という言葉は、元々中国から伝わったもので、日本独自のものではありません。

そのため、古希のお祝いをしない人もいるかもしれませんが、それでも古希のお祝いを行うことは、日本の文化として

定着しています。

理由4:良くないことが起きる言い伝えがあるから

古希のお祝いを行わない理由に、「お祝いすると良くないことが起きる」という言い伝えが存在します。

しかし、これは科学的な根拠に基づくものではありませんので迷信として古希のお祝いをされています。

古希を祝うのは誰?

古希を祝うのは、一般的には子どもが主催します。 

しかし、本人が希望する場合や家族が祝いをしたい場合は、誰でも主催することができます。 

スポンサーテキスト

また、会社の上司や同僚が祝うこともあります。

古希のお祝い、食事はどのようにしますか?

ホテルや料亭で開催する場合、主役の好みを聞いて会場を選ぶと良いです。

お祝いのコース料理が提供されるお店もあり、スムーズに進みます。

移動距離や食事内容に配慮が必要ですね。参加人数や年齢を確認してからの予約がベストです。

自宅でのお祝いなら、郷土料理やお寿司でアットホームな雰囲気を演出しましょう。

古希のちゃんこの色

古希のちゃんちゃんこの色は「紫」。これは昔から最上位の意味を表す色とされ、古希を祝う際に選ばれた可能性があります。

とは言え昨今は、「若々しくいたい」と言う気持ちから、ちゃんちゃんこ着られることや、プレゼントされる事は少なくなりましたね。

古希のプレゼントで避けるべきもの

古希は長寿・健康を祝う年齢であり、現代の70歳は元気な方も多いです。 年齢を感じさせないオシャレなプレゼントが好きです。 また、縁起の悪いプレゼントも避けましょう。

・くし…「苦」などを連想させる為

・靴や靴下…足で踏みつけるというイメージがあるから

・ハンカチ、刃物類…別れを連想させるから

・杖や老眼鏡…若々しいイメージではないから

古希のお祝いのお花

古希のお祝いには紫のお花が一般的ですが、当事者の好みに合わせて選ぶのが良いです。

紫にこだわらなくても大丈夫で、優先した花を贈ると良いでしょう。

古希のお祝いプレゼント

古希のお祝いに贈るプレゼントについては、その人の好きなものや、贈り手が感謝の気持ちを込めたものが良いでしょう。

また、家族や友人と一緒に食事や旅行を楽しむというプレセントも良いでしょう。

古希のお祝いまとめ

古希のお祝いは自分で祝うかどうかは個人によりますが、家族や同僚が主催してくれることが一般的です。

70歳はこれからの人生の新たな始まりなので、皆でお祝いすることで喜ばれるでしょう。

スポンサーテキスト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次