マンション改修時の近隣への対応:不在の隣人にはどう挨拶する?

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

マンションの年月が経つにつれ、改修工事は避けられないステップになります。特にマンションの場合、リフォーム工事は隣接住戸に影響を与えやすいため、挨拶が重要な役割を果たします。

スポンサーリンク
目次

マンション改修時の近隣への挨拶:不在の場合

マンションでの改修では、周囲に騒音の懸念があるため、事前の挨拶が一般的です。                       しかし、挨拶をしようにも不在の隣人がいることは珍しくありません。そこで、不在時の挨拶方法を紹介します。

リフォーム業者が代わりに挨拶するのは一般的ですが、自分で行うことも重要です。大多数の業者は、改修前に近隣住戸に挨拶をしますが、これには上下階と隣の計8戸が含まれることが多いです。この際、リフォームの日程や時間を記載した通知文を渡します。

不在の隣人がいる場合、リフォーム業者が作成した案内チラシをポストに入れるのが一般的です。これは、リフォーム業者からの挨拶が基本で、個人からの追加の挨拶は任意ですが、大規模な工事の場合は個人的な挨拶も考慮に入れると良いでしょう。

不在時には、個人からの挨拶状を残すことがおすすめです。複数回訪問しても不在の場合、丁寧な挨拶状を残しておくと、より良い関係が築けます。

では、実際の挨拶状の書き方について見てみましょう。リフォームに関する挨拶状は、日常的にはあまり書く機会がないため、どのように書くべきか戸惑うかもしれません。そのため、挨拶状の文例を次に示します。

マンション改装の際の周囲への心遣い:伝えるべきポイント

マンションの改装には、近隣住民への配慮が不可欠です。そのために重要なのは、以下の点を伝えることです。

スポンサーリンク
  • 改装期間
  • 工事の時間帯
  • 休工日
  • 改装の内容(大まかで構いません)
  • 担当業者の情報(社名、担当者、連絡先)

多くの場合、これらの情報はリフォーム業者による挨拶でも伝えられます。しかし、住民と直接会えない場合は、業者の案内と住民自身の挨拶状を一緒に渡すと良いでしょう。情報が重複しても問題はありませんが、リフォーム業者との挨拶日程調整を行うことも一案です。

リフォーム工事の挨拶状は、状況に応じて文面を調整することが大切です。以下に挨拶状の文例を紹介します。

「複数回伺いましたが、お留守だったため、手紙にて失礼します。〇月〇日から〇日まで、〇〇の改装を行います。工事中は騒音などでご迷惑をおかけしますが、ご理解をお願いいたします。ご不明な点があれば、私またはリフォーム業者までご連絡ください。よろしくお願いします。○○号室 ○○」

また、粗品を贈る際は、「心ばかりの品ですが、ご利用いただければ幸いです」といった言葉を添えると良いでしょう。

挨拶状については、封書よりもカード形式が軽やかな印象を与えます。メッセージカードは文房具店や100円ショップで手軽に入手可能です。粗品を贈る際には、それに添付するのも効果的です。

まとめ

マンションの改装時には、挨拶状を用意することが好印象を与えます。住民からの挨拶状が特に喜ばれます。    迷っている場合は、ぜひ挨拶状を用意することをお勧めします。これらのポイントを参考にして、マンションでの改装時の挨拶に役立ててください。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次