プールでのスマートフォン防水対策:4つの選択肢と防水ケース購入注意点

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

水辺でのスマートフォン保護方法

水泳やレジャーに出かける際、スマートフォンの扱い方は頭を悩ます問題です。水没のリスクがあるため、どのように保護するかは重要な判断となります。

「プールに友達と出かけた際、スマートフォンをどうすべきか悩んでしまいました。」などとよく聞きますので、プールでのスマートフォン防水対策:4つの選択肢と防水ケース購入注意点についてお伝えしますね。

目次

プールでスマートフォンを安全に保つための4つの方法を提案

  • 防水スマホケースの利用
    最も一般的な方法は、防水性の高いスマホケースを使用することです。これにより、水辺での使用が可能になり、写真撮影などが楽しめます。私はこれを利用して、プールでの楽しい瞬間をキャプチャしています。
  • ジップロック袋の活用
    低コストで手に入るジップロック袋も、一時的な防水対策として効果的です。ただし、完全な防水性は期待できませんので注意が必要です。
  • プールサイドでの保管
    より安全を期すなら、プールサイドの見える場所にスマートフォンを置く方法もあります。盗難のリスクはありますが、水濡れの心配は少なくなります。
  • ロッカーでの保管
    最も安全な方法は、スマートフォンをロッカーに保管することです。水濡れや盗難の心配がなくなりますが、すぐにはアクセスできないというデメリットもあります。

防水ケース購入の際注意すること!

防水スマホケースを選ぶ際に注目したいのは、「IP○8」と表記された商品です。IPコードは製品の防水・防塵性能を示す指標で、0から8までの9段階で評価されます。「IP○8」の場合、防水レベルは8で、これは最高レベルを意味し、水面下でも使用可能です。防水レベルが高いケースは、首に掛けられるストラップ付きでさらに便利です。iPhone14シリーズからiPhoneSE2まで、及びandroidに対応した高防水レベルのケースは、水辺のアクティビティに最適です。

これらの方法を検討する中で、防水スマホケースが特に重要なアイテムとなります。これらのケースは電気製品店やオンラインショップで容易に購入できます。また、プールにお金を持って行く際は、防水ポーチやロッカーの利用を検討すると良いでしょう。安全かつ便利に水辺での時間を楽しむために、これらの対策を有効に活用しましょう。

スマホケースの防水対策:購入するかどうかの悩み

防水スマホケースのコストと価値

プールやビーチでのスマホ使用において、防水ケースは非常に重要です。

私の経験では、1,000円を超える出費が必要だったことを覚えています。

頻繁にプールに行く人にとっては、この投資は価値がありますが、稀にしか行かない場合は、この出費が少し贅沢に感じられるかもしれません。スマホケースの購入は、自分の予算とニーズを考慮して慎重に決めるべきです。

ジップロックでの簡易防水対策

コスト効率の良いジップロックの活用

プールでのスマホ保護のもう一つの手段として、ジップロック袋の使用があります。これは家にすでにある場合が多く、追加の出費はほとんどまたは全く必要ありません。

しかし、ジップロック袋は破損しやすいため、完全な防水保護とは言えません。スマホが水に濡れるリスクは常に存在します。ですので、可能であれば専用の防水ケースを用意する方が安心です。

プールサイドでのスマホ保管

スマホを水辺から離して安全に保管

プールでのスマホ対策として、プールサイドでの保管も一つの方法です。プールサイドに荷物を置くスペースがあれば、ここにスマホを置いておくことで水没のリスクを完全に回避できます。スマホは高価なアイテムなので、水辺から離しておくことは、損傷を防ぐ最善の策です。

盗難リスクへの注意

ただし、プールサイドにスマホを置く際には、盗難のリスクに注意する必要があります。プールで泳いでいる間に、スマホが見えない場所にあれば盗まれる可能性があります。日本は比較的安全な国ではありますが、油断は禁物です。スマホを置く場合は、人目につきにくく、盗難が起きにくい場所を選ぶことが重要です。

スマートフォンを夏の日差しから守る方法

熱対策が重要な理由

スマートフォン内のリチウムイオン電池は、高温により劣化しやすくなるため、特に夏の強い日差しには注意が必要です。

直射日光が当たる場所は、スマートフォンにとっても過酷な環境です。そのため、プールサイドでスマートフォンを使用する際は、盗難防止だけでなく、熱から守るためにもタオルなどで覆っておくことが望ましいです。

プールのロッカー利用の利点と欠点

安全な保管場所としてのロッカー

プールでのスマートフォンの取り扱いにおいて、最も安全な選択はロッカーに置いておくことです。ロッカー内であれば、水没、盗難、過熱などのリスクから完全に守ることができます。

着替えと一緒に鍵付きのロッカーに保管すれば、安心です。ただし、欠点としては、スマートフォンをすぐに取り出すことができないため、プールで写真を撮りたい時などは不便です。

プールとロッカーの間を何度も行き来するのは面倒かもしれません。

プールのルールに留意する

また、プールによってはスマートフォンの持ち込みを禁止している場合もあるため、そのような場合はロッカーなど指定された場所で保管することが重要です。

スポンサーテキスト

防水ケースの購入先

スマホ防水ケースの購入先:プール売店か他店か

プール売店での防水ケース購入を検討する際のポイント

スマホ持ち込みが可能なプールでは、売店に防水ケースが置かれていることがよくあります。しかし、防水ケースの価格には幅があり、「売店で購入する」と決めると、思いのほか高額な場合があるかもしれません。

さらに、売店の品揃えには限りがあり、デザインの好みが一致しない場合も考えられます。そのため、バラエティショップや100円ショップなど他の販売店で、予算やデザインの好みに合った防水ケースを事前に探しておくことをお勧めします。

緊急でスマホケースが必要になった場合、プールの売店にあると便利ですね。

通販サイトでの防水スマホケース探し

オンラインでお気に入りを見つける

店舗で希望の防水スマホケースが見つからない場合、通販サイトが便利です。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、SHEIN、家電量販店のオンラインショップなど、多くの選択肢があります。

プールのファッションアイテムとしても防水スマホケースを選びたい場合、通販サイトは水着に合うデザインや特定のカラーを探すのに最適です。

通販サイトなら、豊富な商品からすばやく理想の防水ケースを見つけることができます。

スマホだけでなくお金の持ち運びも考慮する

プールでの持ち物の中でも特に注意が必要なのはスマホとお金です。

どのように持ち運ぶかは重要な問題となります。以下、スマホ以外にお金をどう管理するかの方法をいくつか紹介します。

  • 小銭はファスナー付きポケットに直接入れる
    小銭は直接、ファスナー付きのポケットに入れるのが便利です。
  • お札は防水ポーチに入れる
    お札は防水の小物入れやジップロックに入れ、それをファスナー付きポケットに入れましょう。濡れ防止対策が必要です。
  • スマホケースにお金も入れる
    防水のスマホケースを使用する場合、スマホと一緒にお金も入れることが可能です。
  • プールサイドやロッカーで保管
    セキュリティ面で心配な場合は、プールサイドやロッカーに置いておくのも一つの方法です。

私の経験上、プールではそこまで多額のお金を使う機会は少ないため、小銭を少し持っていく程度で十分だと思います。

女性用水着にポケットがない場合の対策

女性用の水着にはポケットがついていないことが多いですが、ファスナー付きポケットがあるラッシュガードや、男性用の水着を借りることで対処できます。また、防水スマホケースにお金を一緒に入れる方法もあります。

スマホ決済の利用でお金を持ち歩かない

ペイペイやauペイなどのスマホ決済を利用することで、物理的なお金を持ち運ぶ必要がなくなります。しかし、プールの売店でスマホ決済が利用できない可能性もあるため、事前の確認が重要です。

プールでのスマホとお金の管理方法まとめ

プールでスマホを安全に持ち運ぶ方法としては、「防水ケースに入れる」「ジップロックに入れる」「プールサイドやロッカーに置く」などがあります。

また、お金の持ち運びには「ファスナー付きポケットに入れる」「防水ポーチを使用する」などが有効です。スマホを持ち運ぶ際には、防水ケースの準備をお勧めします。しかし、水没が心配ならばプールサイドやロッカーに置くことも検討してください。

いずれの方法もメリットとデメリットがあるため、この記事を参考にしながら最適な方法を選んでください。

スポンサーテキスト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次