軽量で暖かいコート選び:ダウン?中綿?安くて暖かいのは…

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

冬の寒さは体に負担をかけ、筋肉を硬くし、肩こりを引き起こすことがあります。この時期、重たいコートを着ると、疲労感が増す可能性があります。

しかし、軽すぎるコートでは防寒性に不安があります。薄手のコートは時には寒さを感じさせるかもしれません。

今回は、40代の女性に最適な、軽くて暖かなコートをご案内します。

「ダウン」や「中綿」は軽くて暖かい素材の代表例です。軽量でありながら暖かい「ダウン」、高機能で温かい「中綿」がおすすめです。ダウンや中綿以外にも、軽量かつ暖かいコートについてもお伝えします。

「ダウン」と「中綿」の軽くて暖かいコート

冬の厳しい寒さには、軽くても温かい素材が必要です。ここでダウンや中綿が注目されます。

目次

ダウンの軽さと暖かさが魅力

ダウンは冬のマストハブアイテムです。その特徴は、水鳥の羽毛や羽根を使った構造で、羽毛布団のように温かさを提供します。

  • ダウン:羽毛
  • フェザー:羽根

これらの素材は断熱効果を発揮し、暖かさを保ちます。最初はポリエステルなどの滑らかな生地が冷たく感じられるかもしれませんが、体温で内部の空気が温まると、その暖かさが増します。

ダウンコートの価格は暖かさに影響する?

ダウンコートには、数万円から数十万円の価格帯があります。

ダウンの価格の違いは、主に以下の要素から生まれます。

  1. 羽毛の種類: グース(ガチョウ)のダウンはダック(アヒル)のダウンよりもふくらみが良く、暖かいとされています。そのため、グースダウンの方が高価になる傾向があります。
  2. フィルパワー: ダウンのふくらみ具合を示す数値で、フィルパワーが高いほど暖かく、軽量です。700fp以上のものは特に高品質とされ、価格も高くなります。
  3. ダウンとフェザーの比率: ダウンが多いほどふんわりと暖かいですが、フェザーがある程度入っていると耐久性が増します。バランスの良い比率(例えば9:1)の製品は、品質と価格のバランスが取れていると言えます。
  4. ダウンの加工技術: 羽毛や羽根の洗浄や精製の技術が高いほど、ダウンの品質が向上し、暖かさが保たれます。高度な加工技術を用いた製品は価格が高くなる傾向があります。
  5. デザイン性: ダウンコートやジャケットのデザインによっても価格は変動します。ベルトやファーなどの付属品があると、デザイン性が高まり、価格も上がることがあります。

これらの要素を考慮して、ダウン製品を選ぶ際には、自分の予算やニーズに合ったものを選ぶことが大切です。

しかし、価格が高くなくても質の良いダウンが使用されていれば、グースでもダックでも十分に暖かいです。

また、襟元のファーが価格を左右することもあります。

安価なものでも十分に暖かく、日本の冬には個人の好みに応じて選択することができます。

高性能で暖かい素材を採用した中綿コート

ダウンの代替として中綿を使用したコートやジャケットは、コストパフォーマンスが高いです。                              ただし、暖かさの面ではダウンに劣ることもあります。

中綿は十分暖かく最近は、より高機能な中綿素材や生地が開発され、中にはダウンに匹敵する暖かさの中綿コートも登場しています。

ダウンや中綿コートはカジュアルなスタイルに向いていますが、冬のフォーマルな装いやすっきりとしたスタイルには他の素材が適していますね。

ダウン以外の軽くて暖かいコートの素材

  • ウール: 羊毛製で、高い保温性を持ちますが、厚手のものは重たくなることも。
  • カシミヤ: カシミヤヤギの毛で、保温性が高く、軽くて柔らかい。
  • アンゴラ: アンゴラウサギやヤギの毛で、軽さと柔らかさが特徴ですが、毛が抜けやすい。
  • ダブルフェイス: 2枚の生地を重ねて仕立てたもので、柔らかく暖かい。

ウール、カシミヤ、アンゴラは保温性に優れています。ウールは厚手のものは重く感じられる可能性があります。特にピーコートやダッフルコートなどの厚手のウール素材は重たい傾向にあります。また、ロングコートは使用する生地の量が多いため重くなることがあります。ウール100%よりもカシミヤやアンゴラを混紡したコートは、より軽くて柔らかい着心地を提供します。

40代向けの軽くて温かいコート特集

今冬にぴったりの、軽量で暖かいコートを紹介します。おしゃれを楽しみながら寒さからも守ってくれるアイテムを集めました。

●体型をカバーするスタイリッシュなダウンコート

このコートはボリューム感はあるものの、着太りすることなくスマートに見せてくれます。これは、異なる部位で充填量を調整しているためです。スタンドカラーのデザインも、大人の雰囲気を演出するポイントです。

スポンサーテキスト

●ウエストを引き締めるデザインのダウンコート

ダウンコートが太って見えると心配な方も、ドローストリングでウエストを絞れるデザインならスリムな印象に。  適度な着丈で、様々なスタイルにマッチします。

●断熱効果抜群のダウンジャケット

高い断熱効果を誇る700フィルパワーのダウンを採用したこのジャケットは、冬の寒さにも強いです。顔周りを明るく見せるファーのディテールが、スタイルを引き立てます。

●ダウンと中綿の組み合わせ

ダウンと中綿を組み合わせたデザインで、暖かさとスマートな見た目を両立。立て襟のフードで小顔効果も期待できます。パンツやスカートにも合わせやすい着丈で、毎日のコーディネートに役立ちます。

●高機能中綿コート

体温で暖めた空気をキープする機能性中綿を使用したこのコートは、軽くて暖かい、40代の冬に最適なアイテムです。しっかりとした生地感で、カジュアルにもフォーマルにも合わせやすいです。

とても軽いのに暖かいおすすめコート

とても軽いのにしっかり暖かいコートです。

・カシミヤブレンドのダブルフェイスコート ドゥクラッセ コート

柔らかな羊毛とカシミヤを混ぜた生地で作られた、手縫いの暖かいコートです。大きめの襟がエレガントな印象を与え、上品なスタイリングに適しています。共布のベルトでウエストをマークし、ガウン風に着ることもできます。

リバーシブルコートで着回し力アップ

ウール素材を使用したリバーシブルコートは、裏表で印象が変わります。軽やかな揺れ感とゆとりのあるデザインで、冬のスタイリングに活躍します。

・ウールとカシミヤのブレンドチェスターコート

ウールにカシミヤを10%混合することで、微妙な光沢を与えています。このチェスターコートは柔らかい生地感で肩こりを防ぎ、日常のスタイリッシュな装いに最適です。

・リラックスフィットのドロップショルダーチェスターコート

肩線が落ちたデザインにより、厚手のセーターやスウェットの上からも楽に着用できるチェスターコートです。ダブルボタンのデザインは、視覚的にスッキリとした印象を与えます。

・タートルネックやストールに最適なノーカラーコート

タートルネックやストールとのコーディネートに最適なノーカラーコートをお探しでしたら、このコンパクトな着丈のコートが理想的です。軽く羽織るのにも適しています。

冬を快適に過ごす軽くて暖かいコート

冬の寒さに立ち向かうためには、以下の点に注意しましょう:

  • レイヤリング: 「レイヤード」は、山登りの服装の原則であり、冬のファッションにも応用できます。      インナー、ミドル、アウターの組み合わせで温度調節が可能です。
  • サイズ選び: 大きすぎる服は暖かい空気を逃がしやすく、寒さを招きます。ジャストサイズを選ぶことが重要です。
  • 防寒アクセサリー: ストール、手袋、タイツを活用し、体温の低下を防ぎましょう。

スポンサーテキスト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次