クッキングシートの代わりに使えるラップを利用した調理を紹介

クッキングシートの代わりに使えるラップを利用した調理やおすすめのレシピもご紹介します。

クッキングシートが手元にない時ラップを使用して代替できる料理があります。

クッキングシートを買いに行く手間を省き、ラップで手軽に料理を楽しんでみましょう。

目次

クッキングシートの代用 ラップを使用して代替できる料理

冷やして固める料理や蒸し料理などは、ラップで代用できる便利なアイテムですが、注意が必要です。

​​・冷やし固める料理:レアチーズケーキやゼリーを作る際に、型から外しやすくするためにクッキングシートの代わりにラップを使用できます。また冷蔵庫で冷やす時、ラップをフタにすれば乾燥も防げますね。           また、トリュフや生チョコを作る際にもクッキングシートの代わりにラップを敷いて作れますよ。

・蒸し料理:野菜を蒸す際にクッキングシートを 使うことが一般的ですが、ラップでも代用できます。      電子レンジを使用して手軽に蒸し野菜を作ることができます。例えばじゃがいも等はラップをしてそのままレンジで温めれば出来上がります。

なすは、ヘタの葉を切り落としラップでくるみ、加熱します。ひっくり返して加熱して、熱さが取れたら食べやすい大きさに切り薬味と共に食べれば美味しいですね。

・巻き料理:手巻き寿司やロールケーキを作る際に、クッキングシートの代わりにラップを使用できます。     巻きすやクッキングシートがなくても、形を整えて冷蔵庫で保存することができます。                   またラップで巻いた時にそのままキャンディー包みなどするとかわいいですね。

これらの料理では、ラップの特徴である耐水性や保湿性、広い耐熱温度の幅、ピタッと密着する性質を活かしています。しかし、代用する際には注意が必要なので、次にお伝えします。

​​ クッキングシートの代用 ラップで注意すべきポイント

クッキングシートの代用とラップの利用法を紹介しましたが、代用する際に留意すべきポイントがあります。

その中で特に重要なのは耐熱温度です!

クッキングシートの多くは耐熱温度が250℃ですが、一方でラップの耐熱温度は110~140℃となっています。

ラップは高温には耐えられず、電子レンジなら問題ありませんが、オーブンやトースターでの使用は避けましょう。

高温になる場所ではラップ同士がくっついて引き出せなくなる可能性もあります。

また、ご家庭で使用するラップは素材や種類によって耐熱温度や性質が異なります。

耐熱温度を超えると溶ける可能性があるため、注意が必要です。

​ラップの素材​種類

  1. ポリ塩化ビニリデン​(家庭で最も多く使われています)
    • 特徴: においや酸素を通しにくく、食材の酸化を防ぎます。
    • 耐冷温度: -60℃、耐熱温度: 140℃
  2. ポリエチレン​(収穫後の野菜や果物に適しています)​
    • 特徴: 無添加で環境に優しいが密着性は他の素材に劣る。
    • 耐冷温度: -70℃、耐熱温度: 110℃
  3. 塩化ビニル樹脂​(スーパーなどで肉や魚に使用されている)​
    • 特徴: 高い密着性、伸縮性、耐久性があり、業務用によく使用される。
    • 耐冷温度: -60℃、耐熱温度: 130℃

これらの特徴を理解することで、ラップの使い方に幅が広がります。

​​ 加熱調理にはラップは不可!代替品としての選択肢

ラップは耐熱温度以上に加熱されると溶け出してしまいます。

そのため、オーブンやトースター、フライパン調理などの加熱調理には使えません。

代わりに以下の代用品をご紹介します。

クッキングシートの代用 バターや油

オーブン用天板に直接バターを塗れば、クッキーを焼くことができます。スポンジケーキを焼く場合も、型の内側に直接バターを塗れば、生地が型にひっつくことを防げます。

バターと同じく、オーブン用天板に直接サラダ油やオリーブオイルを塗れば代用できます。

クッキングシートの代用 アルミホイル

オーブン用天板に直接アルミホイルを敷くことでクッキーが焼けます。しかしクッキングペーパーに比べると若干生地がくっつきやすいので、バターや油を表面に塗るといいかもしれません。

アルミホイルの使用は、オーブン用天板を汚したくない方におすすめです。また、アルミホイルをそのまま使うのではなく、少しクシャクシャにするのがコツです。

ラップはクッキングシート同様、食材にくっつかず、密着性によって酸化や乾燥から守り、後片付けもラクにできる利点があります。ただし、耐熱温度が低いため高温調理は難しいので、使用時にはその点に留意しましょう。

​​ クッキングシートの代用にラップを利用した調理のまとめ

ラップは表面がツルツルしており、食材をくっつけない特性を持つため、クッキングシートの代替として利用可能です。

密着性によって食品の酸化や乾燥から守り、後片付けも簡便です。

ただし、クッキングシートと比較して耐熱温度が低いため、高温調理には向いていません。代用時には注意が必要です。

このまとめの中で、ラップが特に有用な調理法とおすすめレシピを紹介します。

  1. 冷やし固める料理:
    • レアチーズケーキやゼリーの型から外しやすくするために、ラップを使用。冷蔵庫での保管も便利。
  2. 蒸し料理:
    • ラップを使って電子レンジで簡単に蒸し野菜を作る。ジャガイモのふんわりラップ包みもおすすめ。
  3. 巻き料理:
    • 手巻き寿司やロールケーキの巻きすやクッキングシート代わりに、形を整えて保存。切り分けるときも便利。

ラップはクッキングシートと同じように使用できるが、耐熱温度が低いため高温調理には向かない。

代用時は慎重に使用し、上記のような調理法で活用することができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次