雨の日のストレートヘアスタイル維持術・アイロンは必需品?

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

雨の日には湿気が髪の毛に影響を与え、特にストレートヘアの方は髪がうねったり、広がったりしてしまうことが悩みの種です。

そんな時に何度も髪型をチェックしてしまったり、気になって集中できなくなることもあるでしょう。

雨の日でもストレートヘアを美しく保つことができれば、気持ちも軽くなり、何かに集中したり、楽しむことができると思います。

また、髪が広がってしまうと清潔感が損なわれ、第一印象も悪くなる可能性があります。

あおい

思いがけず知り合いに会った時にも、髪型が気になって恥ずかしい思いをした経験あるんです。

そこで、今回は雨の日でもストレートヘアを美しく保つ方法をご紹介します。

目次

雨の日のヘヤーアイロンはむつかしい?ストレートヘア対策

雨の日のアイロンは無意味ではありませんが、アイロンだけでは髪の広がりに対抗するのは難しいです。

雨の日は湿度が高く、髪が水分を吸収してしまいやすいため、アイロンで一時的にストレートにしても、時間が経つと広がりやすくなります。

特に、うねりや癖がある髪質や、カラーパーマでダメージを受けている髪は、水分を吸収しやすく、広がりやすい傾向にあります。

雨の日でも崩れないストレートヘアケアのポイント

雨の日にストレートヘアを維持するためには、髪の水分量を適度に保つことが重要です。日頃からのヘアケアが大切になります。以下にいくつかのポイントをご紹介します。

– **生活習慣の見直し**:

バランスの良い食生活、十分な睡眠、ストレスの軽減など、髪の内側から健康を保つことが重要です。

– **ドライヤーの使用方法**:

ドライヤーを使いすぎると髪が乾燥しやすくなります。15cm程度の距離を保ち、全体に均一に熱が当たるようにしましょう。

また、根本からしっかり乾かすことで、髪の広がりを防ぎます。

雨の日でも美しいストレートヘアを保つためには、日頃のケアが重要です。

これらのポイントを実践して、雨の日も自信を持って過ごしましょう。

スポンサーテキスト

シャンプーの際の注意点

シャンプー時のお湯の温度に気をつけましょう。

熱すぎるお湯は頭皮に負担をかけ、必要な皮脂を洗い流してしまう可能性があります。ぬるま湯で洗うことをおすすめします。

髪の扱い方のチェックポイント

– **タオルドライ**:

髪をタオルで強くこすりすぎると摩擦によるダメージが生じます。優しく押さえるように水分を取りましょう。

– **乾燥の仕方**:

生乾きの状態で寝ると、枕や身体との摩擦で髪が傷むことがあります。ドライヤーでしっかり乾かし、自然乾燥させることが大切です。

シャンプー・リンスの選び方

洗浄力が強すぎるシャンプーは髪の潤いを奪い、乾燥を引き起こすことがあります。

アミノ酸系のシャンプーを選ぶと、髪を優しく洗いながら保湿することができます。

これにより、髪質の改善につながり、ツヤやハリのある美しい髪へと導くことができます。

雨の日のアイロン温度とストレートヘア維持術

雨の日は湿気が多いため、髪が広がりやすくなります。以下のステップでストレートヘアを維持しましょう。

1. **髪の根元を濡らす**:根元から水を含ませることで、毛先まで水分が行き渡ります。

2. **オイルを均等に塗布**:濡れた髪にオイルを手ぐしで塗り、コームでとかして均一になじませましょう。

3. **ドライヤーで乾燥**:髪を8割程度乾かし、ブラシを使いながら乾燥させます。

4. **アイロンでストレートに**:ブロッキングして、しっかり伸ばしながらアイロンをかけます。温度は160~180℃が適切です。

5. **ドライヤーの冷風で仕上げ**:アイロン後に冷風で髪を冷まし、キープ力を高めます。

6. **オイル系スタイリング剤で仕上げ**:最後にオイル系スタイリング剤を使って仕上げます。

雨の日のストレートヘア対策まとめ

雨の日にストレートヘアを維持するためには、髪の水分バランスを保ち、湿気から髪を守ることが重要です。丁寧なドライヤーの使用、そしてアイロンの正しい使い方がポイントです。これらの対策を実践することで、雨の日でも美しいストレートヘアをキープすることができます。

スポンサーテキスト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次