【愛知花火甲子2023】の日程やアクセス、穴場情報について

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

【愛知花火甲子2023】の日程やアクセス、穴場情報についてお伝えします。

2019年に愛知県初の花火競技大会として始まった「愛知花火甲子園」。

「甲子園」という名の通り、全国から集まった花火師達が自慢の花火の創造性や完成度を競い合う花火大会です。

2019年に初開催され、2020年・2021年は新型コロナウイルスの影響で中止となっています。

しかし、昨年の2022年の11月12日土曜日、「第2回愛知花火甲子園」として愛知県蒲郡市にある「大塚海浜緑地ラグーナビーチ」で再び開催されました。

今年2023年の開催情報は未発表なのですが、昨年の情報をもとにお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

【愛知花火甲子2023】の日程

まず、愛知花火甲子園が開催される「大塚海浜緑地ラグーナビーチ」は、愛知県蒲郡市海陽町2-39にある、一面が砂浜で散歩やピクニック、潮干狩りにマリンレジャーなど、年中楽しめるスポットとして人気です。

そして、昨年の愛知花火甲子園の開催時間は、19時30分に開演し21時に終了しました。

第1回となる、2019年の開催は11月16日土曜日・18時~19時30分・13時~17時30分には音楽フェスが開催しています。

まだ新しい花火大会ということもあり、今年はこれまでにないイベントなども開催される可能性もあります。

今後の情報が待ち遠しいですね。

次に、愛知花火大会の内容ですが、「5号玉創造花火」と「10号自由玉」の競技が実施されています。

「5号玉」とは、直径約15㎝の花火玉のことで、上空では直径約150mもの大きさの花を描きます。

そんな5号玉の創造花火は、3発ずつで競われました。

「10号玉」とは、直径約30cmの花火玉のことで、上空では直径約300mもの大きさの花を描くスケール満点の花火です。

10号玉の花火は、大きさ活かして、それぞれの花火師が様々な工夫を凝らしています。

同心円を何重にも描く「多重芯」や小さな花火が沢山開く「千輪」などこれまでに見たことのないようなクオリティが高い花火を楽しむことができます。

他にも、前年の全国花火競技大会「大曲の花火」で「内閣総理大臣賞」を受賞した花火が披露されたり、子どもに大人気の「型物花火」、気持ちを伝える「メッセージ花火」、プログラム終了後の「サプライズの大玉花火」など約10,000発もの花火に感動しっ放しの花火大会です。

さらに、屋台やキッチンカーなど、100店舗以上の屋台が出店するのも嬉しいポイントです。

【愛知花火甲子2023】のアクセス

愛知花火甲子園は、愛知県にある「大塚海浜緑地公園ラグーナビーチ」で開催されます。

アクセスは、

・電車の場合:JR東海道本線「三河大塚駅」から徒歩約20分/JR東海道本線「三河大塚駅」から名鉄路線バス約9分/JR東海道本線「蒲郡(がまごおり)駅」から無料シャトルバス15分

・車の場合:音羽蒲郡ICから車で約20分/豊川ICから車で約35分

です。

2022年は交通規制がありませんでしたが、花火開始前後はかなりの混雑が予想されます。

早め早めの行動がおススメです。

スポンサーリンク

【愛知花火甲子2023】駐車場

愛知花火甲子園では、臨時の無料駐車場が会場近くに2つ設置されます。

1つ目が550台で、2つ目が300台駐車できます。

14時ごろから駐車ができるようになりますが、人気の花火大会の為すぐに満車になることが予想されます。

早めに到着するのが必須ですね。

また、満車の場合でも会場に隣接するラグーナテンボスの有料駐車場を利用することができます。

【愛知花火甲子2023】の観覧席・トイレ

愛知花火甲子園の観覧席は全て有料席となっています。

・Aマス席:5名まで25,000円

・B椅子ペア席:2名13,000円

・C椅子席:6,000円

・D撮影エリア入場券:5,000円

・E一般エリア入場券:3,000円

※撮影エリア・一般エリアは保護者同伴の場合に限り中学生以下入場無料

※マス席・椅子ペア席・椅子席は未就学児に限り保護者ひざ上OK

※マス席・椅子ペア席・椅子席は先着自由席

※一般エリアにシート持ち込みOK/テーブル類の持ち込みNG

※一般発売:9月10日土曜日10時~

※最終販売日:11月11日金曜日23時59分

そして、会場内・会場周辺にトイレは準備されますが、大勢の方が訪れる花火大会のため行列が予想されます。

トイレが心配な方は会場から5分ほど離れた「若宮公園」からの観覧もおススメです。

トイレだけでなく駐車場もあるので、小さなお子様連れの場合安心して花火を楽しむことができます。

『まとめ』

第3回の開催が期待される「愛知花火甲子園」。

全国の敏腕花火師達が競い合う感動間違いなしの花火大会です。

ぜひ、今年の情報は小まめにチェックしておいてくださいね。

また、開催時期が11月ということもあるので、しっかり防寒対策をして訪れてくださいね。

この近くの宿泊施設が見れます。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次