フードのないパーカーはなんて呼んだらいいの?パーカーの名前

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

今日は「パーカー」について、ちょっとした豆知識をご紹介します。パーカーと聞くと、大抵フード付きを想像しますよね。でも、実はフードがないパーカーもあるんです。それでは、フードなしパーカーについて、楽しく解説していきましょう!

スポンサーリンク
目次

フードなしのパーカーの名前

フードがないパーカーの正式名称は「スウェット」や「トレーナー」です。          実はこの二つ、ほぼ同じものなんですよ。               

「トレーナー」にスポットを当ててみましょう。トレーナーは、袖や襟がゴムでできていて、厚手のコットン生地で作られています。特徴的なのはラグラン長袖。これは袖の付け根が斜めになっていて、肩と一続きになっているデザインです。英語では「sweatshirt」と呼ばれ、吸水性に優れた服として知られています。

面白いことに、トレーナーはもともと「トレーニングウェア(シャツ)」が短縮された言葉だったんですよ。

さて、ファッション界の新星たち!今日は「スウェット」と「パーカー」について、楽しく学んでいきましょう。これを読めば、次のショッピングがもっと楽しくなるはずです。

まずは「スウェット」から。もともとは生地の名前だったんですが、今ではトレーナーと同じく服の名前として使われています。

スウェットって聞くと、パジャマみたいなゆるいイメージがあるかもしれませんが、実はトレーナーと同じカテゴリーなんですよ。上下セットじゃなくても大丈夫!

そして、「パーカー」。これは簡単、フードの有無で判断します。フードがあればパーカー、なければトレーナーです。ただし、海外ではパーカーはもっと防寒具っぽいイメージが強いので、注意が必要です。日本でのパーカーは、欧米では「フーディ」と呼ばれています。

スポンサーリンク

パーカーの種類について

次に、パーカーの種類について。基本的には、チャックの有無で名前が変わります。チャックなしは「プルオーバーパーカー」、チャックありは「フルジップパーカー」というわけです。海外旅行の際は、これを覚えておくと便利ですよ。

では、パーカーの着こなし方について。ジップパーカーはジッパーの開け閉めで様々なスタイルを楽しめます。インナーを見せるコーディネートがオシャレですね。一方、プルオーバーパーカーはインナーとしても使えて、アウターとしても活躍します。ただし、厚ぼったく見えないように注意しましょう。

マウンテンパーカーとは

最後に、マウンテンパーカー。これは元々登山用の防寒着で、機能性抜群です。

山の天候に合わせられるよう工夫されています。

  • ポケットがついている。(筆記用具や磁石など収納できる)
  • 袖口のマジックテープ(袖口から雨や風の侵入を防ぐ)
  • ラグランスリーブ(腕を動かしやすくする)
  • ドローコード(ドローコードを引っ張るとパーカーのフードの調節が出来る)
  • 撥水加工(急な雨や朝露を防ぐ為)
  • 色(遭難した時探しやすいように原色や蛍光色が使われる)

街中で着るなら、他のアウトドアアイテムを避けて、スタイリッシュに合わせましょう。

これであなたもパーカーとスウェットの達人!おしゃれなコーディネートを楽しんでくださいね。

その他のパーカー

「パーカー」のユニークなバリエーションについてお話しします。パーカーといえば、フードが特徴的ですが、その形状やスタイルには様々な種類があるんですよ。それでは、パーカーの多彩な世界を楽しく探検していきましょう!

  • ボタンパーカー:ジップアップやプルオーバーが主流ですが、前開きがボタン式のパーカーも人気を集めています。
  • ダブルジップパーカー:これは面白いですよ!上下どちらからでも開けられる特別なジッパーを使ったパーカーです。スタイルに合わせて調整可能で、とても便利です。
  • ボリュームネックパーカー:首元にボリュームを持たせたデザイン。風を防ぐのに最適で、寒い日には特に重宝します。
  • ダブルフードパーカー:こちらはフードが二重になっているタイプ。重ね着風のスタイリッシュな見た目が特徴です。
  • ノースリーブパーカー:袖なしのパーカーで、夏場に涼しげでおしゃれな印象を与えます。

まとめ

パーカーを見分ける基本のコツは、フードの有無です。フードがあればパーカー、なければトレーナーと覚えておけば問題ありません。最近では、「フーディ」という名前の商品も増えているので、フーディと呼んでもOKです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次