【九州旅行】湯布院でゆったりと温泉に浸かりませんか?グルメ情報も!

【九州旅行】湯布院でゆったりと温泉に浸かりませんか?グルメ情報も!
当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

九州旅行のおすすめと言えば、なんと言っても有名な温泉地、湯布院でしょう。湯布院の温泉は、日本国内で湧出量が第二位ということでも有名です。今回は九州旅行におすすめの「湯布院」をご紹介いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
目次

【九州旅行】湯布院でゆったりと温泉に浸かりませんか?


泉質のほとんどが単純温泉で、含まれる成分量はわりと少ないのですが効能が低いというわけではありません。無色透明な温泉である単純温泉は、他の泉質と比べて肌への刺激が少なく、老若男女関係なしに楽しめるということです。

湯あたりもしづらい温泉で、体調によって遠慮することもなく、いつでもどなたでも楽しめる優しい泉質ですから家族旅行にもおすすめです。

さて、湯布院にはいろいろな宿泊施設がありますので、どのようなポイントで選んだらよいのか悩む方も多いと思います。
温泉と言えば、やっぱり露天風呂でしょうか。お風呂が良ければ九州旅行の良い思い出になるということで、実際お風呂にこだわりたいという方も多いです。たしかに大自然を満喫できる露天風呂は素敵ですが、自然の中の露天風呂を作るには市街地から離れていなければ難しいところもあります。


1日中お風呂だけを楽しむなら良いでしょうが、観光やほかの事を楽しみたいのなら、別府に近く、観光も便利な場所の温泉宿がおすすめです。湯布院のお風呂はどこも良いと思うので、お風呂を基準にするのではなく、おいしいお料理や、こだわりのメニューなどを楽しめる宿にすれば、九州旅行も満喫できるでしょう。例えば愛犬家の方などは、ペットと一緒に泊まることができたら、旅行の思い出もさらに深いものとなりますよね。

【九州旅行】湯布院温泉の泉質などについて

露天風呂ではなくても、家族やカップルで貸切り入浴できるお風呂を用意している宿はけっこうありますから、カップルでゆっくりしたい、小さいお子さんと一緒に入りたいという方にはぴったりでしょう。例えば、

湯布院の「庄屋の館」や「御宿一禅」は温泉の色がブルーということで有名です。


青い温泉は異色な存在ですが、ちょっと変わった温泉ということでおすすめです。時間によっては、外国の海のようなコバルトブルーになるということですので、お風呂の色を目当てに宿泊される方も多いそうです。
泉質は「ナトリウム、塩化物、硫酸塩泉」であり、メタケイ酸の含有量が通常の17倍となってます。


「庄屋の館」は日帰り入浴もできますので、九州旅行にはおすすめです。ただ、青いお湯を目的で旅行されるのなら、時間によっては青くならない場合があるので、日帰りだと運任せになってしまいます。確実に青いお湯に浸かりたいなら、一泊以上したほうが無難でしょう。

スポンサーリンク


湯布院に泊まり、グルメを楽しむこともおすすめです。温泉で体も心もリフレッシュしたあとは、美味しいものを食べて旅行を満喫しましょう。旅行先では、普段食べられないような地元のグルメを楽しむことが鉄則です。間違ってもファーストフードやファミレスなどは利用しないように。


九州の湯布院周辺なら「とり天」は食べておきたいメニューです。大分ではメジャーなグルメなのですが、他の地方ではあまり見かけない「とり天」は庶民的メニューであり、ご当地グルメとしておすすめです。とり肉の天ぷらなのですが、湯布院近くならどこのお店でもだいたいあるでしょう。

【九州旅行】湯布院のグルメ情報

「とり天」は、からしと酢醤油につけて食べさせるお店も多いですが、お店によって「とり天」の個性が出ることもあり、興味深いメニューだと思います。九州旅行をしたら「とり天」をぜひ、食べてみてくださいね。


そして、九州と言えば「関サバ」は、有名ですよね。秋から春にかけて九州旅行をするなら、「関サバ」ははずせません。お値段がやや高めで庶民的グルメではないのですが、脂が乗ってとてもおいしいので、ぜひ味わってみることをおすすめします。

「温泉」と「関サバ」を目当てに九州旅行に来る方も多いという事です。

食べ歩きなら、金鱗湖から由布院駅の道沿いがおすすめです。おにぎり、お煎餅、和菓子、ケーキ、ソフトクリームなど、いろいろなお店が軒を連ねていますが、なかでも「金賞コロッケ」が有名です。なんと全国コロッケコンクールでみごと金賞を獲得したお店ですので、味は保証つき!


また、お土産なら、湯布院醤油本店がおすすめです。醤油以外にもいろいろな調味料が揃っているほか、パッケージも素敵なのでお土産として喜ばれる品でしょう。


最後に、湯布院は意外と寒い場所なので、夏以外は寒さ対策をしてお出かけください。7月8月は半そででも過ごせるようですが、それ以外は羽織るものが必要でしょう。九州は暖かい場所として知られていますが、冬の湯布院は雪に覆われ、マイナスになるほど厳しい気候です。せっかくの九州旅行で風邪をひかないためにも、着ていくものに気をつけることをおすすめします。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次