【長浜 北びわ湖花火大会2023】日程やアクセス、穴場スポット情報について

【長浜 北びわ湖花火大会2023】日程やアクセス、穴場スポット情報についてお伝えします。

滋賀県の長浜市で開催される夏の風物詩「長浜北びわ湖大花火大会」。

例年、10,000発も打ち上げられる花火は圧巻の一言ですが、中でも琵琶湖を走る台船から打ち上げられる「ワイドスターマイン」が目玉!
「大迫力」というだけでなく、湖上に鏡のように映し出されるワイドスターマインは幻想的で「大感動」を与えてくれる花火です。

目次

【長浜 北びわ湖花火大会2023】日程

そんな長浜北びわ湖大花火大会ですが、例年は8月5日19時30分~20時30分に開催されてきました。

2023年も8月5日なら土曜日になりますので、かなり賑わうこと間違い無しですね。


しかし、ここ数年は新型コロナウイルスの影響で数日間に分ける「分散型花火大会」で開催されてきました。
例えば、昨年の2022年は9月11日~16日の6日間、午後8時30分~15分間約500発ずつの花火が打ち上げられました。

打上場所は「豊公園(ほうこうえん)自由広場」の琵琶湖沖合〔〒526-0066 滋賀県長浜市大島町〕になります。

荒天は中止です。小雨決行。

小雨の場合はレインコート必須ですよ。

問い合わせ先:長浜市観光振興課 0749-65-6521

交通規制:14:00~22:00

今年の開催日時などは、まだ発表にはなっていませんが、これまでの8月5日からの開催が期待されます。

【長浜 北びわ湖花火大会2023】アクセス

長浜北びわ湖花火大会へのアクセスは、

・電車の場合:JR琵琶湖線「長浜駅」から徒歩約10分
・車の場合:北陸道長浜ICから県道37号線・44号線経由で約15分

です。

ただし、今年は久しぶりの開催でもあるため、多くの来場者が見込まれます。
例年の14時~22時の交通規制を考慮しても公共交通機関での来場がおススメです。

【長浜 北びわ湖花火大会2023】 駐車場


これまで長浜北びわ湖花火大会の際は豊公園の駐車場が利用できるようになっています。
ただし、開催年によって料金が異なっています。

昨年2022年は、豊公園駐車場は3時間無料で利用できましたが、2019年は1台一律1,000円での利用でした。
今年は今年の価格のチェックが必要ですね。

また、豊公園駐車場は380台ほど駐車できますが、例年長浜北びわ湖花火大会には10万人を超える人が訪れます。
豊公園駐車場だけでは、すぐに満車になってしまうため周辺の駐車場も視野に入れておくことをおススメします。

①長浜駅東駐車場:168台駐車可能/1時間無料
②長浜駅西駐車場:127台駐車可能/1時間無料
③長浜駅前東広場駐車場:11台駐車可能/1時間無料
④長浜駅西広場駐車場:14台駐車可能/1時間無料

など、長浜駅周辺にも駐車場はありますが、やはり来場者に対しては少ないため、公共交通機関での来場がおススメです。

【長浜 北びわ湖花火大会2023】 観覧席・トイレ


最後に長浜北びわ湖花火大会の観覧席についてですが、新型コロナウイルスの影響で有料観覧席のみの年もあれば無料でも有料でも観覧できる年もありました。

長浜北びわ湖花火大会は、広い琵琶湖で開催される花火であるため、「見られない」ということは無いのでご安心ください。

ちなみに2019年の有料観覧席は
・イス席全席指定:前売り1人2,500円/当日3,000円
・一般席シート席:前売り1人1,500円/当日2,000円

2022年の有料観覧席は
・長浜市民向けチケット:1日約200席 1,000円
・長浜市外・県外チケット:宿泊施設のプランから購入可能 1日約400席

となっていました。
宿泊しながらゆっくり花火も鑑賞できるのも嬉しい特典ですね。

【長浜 北びわ湖花火大会2023】穴場のスポット

①豊公園南側
打ち上げ場所が「豊公園」というだけあって、「豊公園南側」は多少混雑するスポットです。
花火の醍醐味は味わえるので、来場されたい方は早めに現地入りするようにしましょう。

②さいかち浜水泳場
会場から車で約5分の場所にある「さいかち浜水泳場」は、夕日がきれいなスポットとしても有名です。
夏の夕日と風と花火。
トイレもあるので、ゆっくり花火を楽しめる穴場スポットです。

③南浜水泳場
駐車場もトイレも砂浜もきれいな芝生もあるスポットです。
遮るものがなくきれいな花火が見られます。

④道の駅「近江母の郷(おうみははのさと)」付近
通の間では、有名な穴場スポットである「近江母の郷」。
芝生の広場があり、ゆったりと花火を楽しむことができます。

また、花火会場には公衆トイレが例年数ヶ所設置されていますが、10万人を超える来場者です。
現地入りする前のトイレは必須ですよ。

『まとめ』

いよいよ花火大会、夏が迫ってきました。
同じ「琵琶湖」で開催される予定の「びわ湖大花火大会」の来場者は例年35万人を超えるのに対し、「長浜北びわ湖花火大会」は約10万人。
決して少ない来場者とは言えませんが、少しでも混雑を避けて花火を楽しみたい方は「長浜北びわ湖花火大会」がおススメです。
今年の情報公開が待ち遠しいですね。

この近くの宿泊施設が

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次