新幹線「のぞみ」の座席とコンセント:知っておくべき事実と座席

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

新幹線「のぞみ」は多くの人にとって移動の手段ですが、電源の有無については意外と知られていません。長い移動中、スマートフォンやタブレット、パソコンを使うとバッテリーの消耗が気になります。しかし、新幹線「のぞみ」の全ての座席にコンセントがあるわけではないのです。

SNSでは、新幹線「のぞみ」を利用した際にコンセントがなくて困った、という声が多く挙がっています。予想外にコンセントがないと、特に電池残量が少ない場合、不便を感じることでしょう。

スポンサーリンク

新幹線「のぞみ」には2種類の車両があり、コンセントの配置や数に違いがあります。このため、事前にどの車両に電源があるのかを知っておくと、旅のストレスを減らすことができます。次の旅行や出張で新幹線「のぞみ」を利用する際は、電源の位置や利用可能な座席について事前に調べておくことをお勧めします。

スポンサーリンク
目次

 新幹線「のぞみ」:座席ごとのコンセント位置ガイド

新幹線「のぞみ」を利用する際、座席選びは重要です。特に、電源の位置を把握することは旅の快適さに直結します。「のぞみ」には主に2種類の車両があり、それぞれN700S系とN700系です。これらの車両ではコンセントの位置が異なります。

まず、N700S系の車両には、全座席にモバイル用コンセントが装備されています。この新型車両は2020年に投入され、その利便性が高く評価されています。コンセントはひじ掛けの先端に配置されており、アクセスが容易です。しかし、知らなければ見つけにくいこともありますので、位置を事前に知っておくことが重要です。

次に、N700系の車両についてですが、こちらは窓側、最前列、最後列の座席に限りコンセントが備え付けられています。窓側座席では壁下に、最前列と最後列では座席の側面に配置されています。残念ながら、通路側や3列並びの中央座席にはコンセントがありません。また、窓側のコンセントは床に近い位置にあるため、利用する際には少し体をかがめる必要があります。

新幹線「のぞみ」を利用する際は、これらのポイントを踏まえて座席を選ぶと、移動中の充電の利便性が大きく向上します。

 新幹線「のぞみ」グリーン車内のコンセント利用ガイド

新幹線「のぞみ」のグリーン車では、各座席にコンセントが完備されています。これらのコンセントは座席の中央にあるひじ掛けの先端部分に設置されており、利用の際は緑色のランプが点灯していることを確認しましょう。初めてグリーン車を利用する場合、コンセントの位置がすぐに分からないこともあるので、事前にその位置を覚えておくと便利です。

スポンサーリンク

また、新幹線内でのコンセント利用にはいくつかの注意点があります。例えば、通路側の席に座っている場合でも、窓際の席の乗客と共有して使用することができます。これはJR公式の方針でもあり、安心して利用して構いませんが、使用する際は周囲の乗客に一声かけると良いでしょう。さらに、複数のデバイスを同時に充電するために3口タップを持参することもおすすめです。

乗客同士の配慮も重要です。充電ケーブルが通路や他の席を塞がないように気を付け、他の乗客の迷惑にならないようにしましょう。特に、通路側の席に座る場合は、コンセントの利用に際しては周囲に配慮することが求められます。スマートフォンの誤作動を防ぐためにも、充電中は機器の使用を控えることが推奨されます。これらの点に気を付ければ、新幹線内でのコンセント利用はより快適になります。

 携帯バッテリー持参で新幹線旅行を快適に!

新幹線の旅でコンセントが手元にないとき、モバイルバッテリーが非常に便利です。これにより、スマートフォンやタブレットのバッテリー切れの心配がなくなり、旅行中も安心してデバイスを使い続けられます。モバイルバッテリーは新幹線だけでなく、日常生活や他の旅行先でも活躍します。カバンに一つ常備しておくと、急な電池切れにも対応でき、特に最近の大容量かつ手頃な価格の製品は一つ持っていると安心です。また、自然災害などの緊急時にも役立つため、準備しておくことをお勧めします。

新幹線「のぞみ」での最適な座席選び

新幹線「のぞみ」での長時間の旅をより快適にするために、適切な座席選びが重要です。座席の選び方は、個々のニーズや好みによって異なります。窓側の席は景色を楽しむのに適しており、コンセントへのアクセスも容易です。一方で、通路側の席は移動の自由度が高いですが、コンセントの利用は制限されます。

最前列は他の座席より机が広いので、作業スペースが確保できるのと全席にコンセントが完備されています。                            

最後列の座席には、コンセントは付いてないですが、後ろに人がいないため座席をいくら倒しても大丈夫です。   壁が座席の後ろになるので圧迫感がない。

これらの情報を参考に、自分の旅行スタイルに合った座席を選んでみてください。

新幹線「のぞみ」コンセント事情の総まとめ

新幹線「のぞみ」のコンセント事情を総まとめすると、N700S系では全座席にコンセントが設置されていますが、N700系では窓側と最前列・最後列の座席のみに設置されています。グリーン車では全席にコンセントがあります。また、通路側の席でも、他の乗客と共有してコンセントを利用することが可能です。これらの知識を持っていれば、新幹線「のぞみ」の利用時にコンセントの位置や利用方法について混乱することなく、快適な旅が楽しめるでしょう。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次