雛祭りのお内裏様の正式な帽子とその意味

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

雛祭りが近づき、家々では雛人形を飾る準備が始まる時期です。特に、お内裏様の装いについて、子供たちから質問されることがあります。

「お内裏様の帽子の名前は何ですか?」という質問に対して、多くの人が「烏帽子」と答えがちですが、実はそれは正しくありません。

こちらの記事で雛祭りのお内裏様の正式な帽子とその意味についてお伝えしますね。

目次

お内裏様の帽子の正式名称

お内裏様が被っている帽子の正式な名称は「冠(かんむり)」です。

この「冠」は、平安時代の貴族の装束に由来しています。

しかし、一般的には「烏帽子」と間違えられることが多いです。

「烏帽子」は、実際には平安時代の公家や成人男性が日常や祭事で使用していた帽子で、形状が「冠」とは異なります。

「烏帽子」との混同

お内裏様の帽子が「烏帽子」と混同される理由の一つは、公家や貴族が「烏帽子」を被る姿が文化的に象徴的であるためです。

特に子供向けのアニメなどで、平安時代の貴族が「烏帽子」を被っているシーンを目にすることが多く、このイメージが根強く残っています。

その結果、「烏帽子」がお内裏様の帽子として誤解されることがあります。

雛人形の由来と意義

お内裏様とお雛様は、天皇陛下と皇后陛下をモデルにして作られています。

雛飾りは、元々は天皇と皇后の結婚式を模しており、時間が経つにつれて、新生児の女の子に対して理想的な夫婦像としての願いを込め、より豪華なものへと進化しました。

この文化的背景を理解することで、ひな祭りの意味がより深く感じられるでしょう。

お内裏様の冠とその特徴

雛祭りの時期が近づくと、家庭で雛人形が飾られ始めます。

特に、天皇を象徴するお内裏様の冠は非常に特別な意味を持っています。この冠は「冠(かんむり)」と呼ばれ、その上部には「纓(えい)」という羽のように立つ飾りがあります。

スポンサーテキスト

この「立纓(りゅうえい)」は、天皇にのみ許される最高位の装飾品で、身分の高さを象徴しています。

江戸時代に普及した雛人形は、当時の天皇の帽子をモデルにしています。

お内裏様の由来と雛人形の文化

「内裏」とは、天皇が住む御殿のことを指します。

この内裏にいる天皇と皇后を模した人形が「内裏雛」と呼ばれ、「お内裏様」として知られています。

雛人形は元々、子供たちの健やかな成長と幸せな結婚生活を願うためのもので、平安時代からの「ひいな遊び」が起源です。

この伝統は豊かな色彩と美しい装飾に発展し、特に天皇と皇后の結婚式を表現しています。

お内裏様の服装とアクセサリー

お内裏様は、日本の皇族に由来する高貴な「束帯衣装(そくたいいしょう)」を着用しています。

この服装は、中国の唐時代から伝わり、日本独自のスタイルに発展しました。

上着は「縫腋袍(ほうえきのほう)」と呼ばれ、丸い襟と横布が特徴です。

また、腰には革製の「石帯」を巻き、正装の際には「笏(しゃく)」や「飾剣(かざりたち)」、「巾子(こじ)」といったアクセサリーを身に付けています。

これらのアイテムは、それぞれ特別な意味を持ち、格式高い装束の一部として重要な役割を果たしています。

まとめ

雛飾りは、天皇と皇后の結婚式を象徴し、女の子の健康と幸せな結婚を願うために飾られます。

その中心にいるお内裏様は、天皇を模して最も格式高い衣装を纏っています。

雛祭りの際には、各人形や小物も、結婚式をイメージした豪華な装飾で飾られ、家族の祝福の気持ちが込められています。

スポンサーテキスト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次