「三寒四温」の意味や使い方と、いつからいつまでの時期の事を言うの?

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

「三寒四温」という言葉は、テレビの天気予報などでよく聞く言葉です。                    この言葉は、冬が終わり春が近づく時期によく使われますが、実はその本来の意味は少し違います。

あおい

そもそも「三寒四温」とは、冬の時期に使われる言葉のようですね。

もも

春先の気候を示す言葉ではなかったのですね。

この記事では、「三寒四温」がいつの時期を指すのか、そしてその意味や由来、使い方について解説します。

目次

「三寒四温」の意味とは?

「さんかんしおん」とは冬に3日間寒い日が続き、次に4日間ほど温かい日が来る、という周期を表します。この気候の変化を示す用語として使われることが多く、気温が徐々に暖かくなっていく様子を表す際にも用いられます。

「三寒四温」の季節とは?

元々の使われ方

「三寒四温」は元々、中国の冬の気候を表す言葉として使われていました。

特に、中国の東北部や朝鮮半島の北部で、冬の寒さが周期的に強まったり弱まったりする様子を説明するのに使われてきました。この現象は、北極近くのシベリア高気圧からの寒気の影響で起こります。

日本での「三寒四温」

日本においても、冬の気候を表す言葉として「三寒四温」が使われるようになりましたが、日本独自の気候の特徴により、この言葉が使われる時期や意味合いに変化が見られます。

日本では、特に2月の終わりから3月にかけて、この「三寒四温」の気候パターンが現れやすいです。そのため、この時期に「三寒四温」という言葉がよく使われるようになりました。

「三寒四温」の正しい使い方

日本では、「三寒四温」は早春の気候変動を示す言葉として使われることが一般的です。

季節感や気候の変化を表す際に、この言葉が活用されます。例えば、手紙の時候の挨拶などで、「三寒四温の候」と表現することで、この時期特有の気候変動を伝えることができます。

あおい

「三寒四温」は、冬の季語としても知られており、晩冬を示す言葉としても用いられているんですよ。

スポンサーテキスト

このように、「三寒四温」はただの気象用語以上の意味を持ち、日本の四季を感じさせる表現としても使われています。

手紙での季節の挨拶としての「三寒四温」

手紙を書く時、季節の変わり目を感じさせる表現として「三寒四温」の言葉が使われることがあります。      「三寒四温の候、皆さんはお元気でお過ごしでしょうか?」のように始まる手紙は、相手に季節の変化を感じさせながら、その健康や近況を気遣う素敵な方法です。

また、「三寒四温の時節になり、朝夕は冷え込みが厳しくなっていますが、体調はいかがですか?」といった文言もよく用いられます。

                                                                                                                                      手紙の結びでは、「三寒四温の季節柄、どうぞお身体を大切にしてください」と加えることで、相手への思いやりを伝えることができます。このように、2月になると特に使われる「三寒四温」は、相手の健康を気遣う上で役立つ言葉です。

「三寒四温」と関連する季節の言葉

「三寒四温」と一緒に、季節を表す言葉として「雨水」もあります。                                                                  「雨水」は、雪が雨に変わり始め、積もっていた雪や氷が溶け出して水となる時期を指します。

この期間は、大体2月19日から3月4日ごろまでで、毎年少し日付が変わります。この時期には「三寒四温」の気候がよく見られ、春の準備が始まる合図ともされています。

英語での「三寒四温」表現

「三寒四温」は、特定の地域の冬の気候を示す日本語ですが、英語には直接相当する言葉はありません。英語で説明する場合は、「A cycle of 3 cold days followed by 4 warm days」というフレーズを使うことで、この気候のパターンを表現できます。

「三寒四温」の反対語について

「三寒四温」の反対語を探してみましたが、寒暖の周期を示す言葉で直接反対になるものは見つかりませんでした。「三寒四温」は、季節の変わり目を表すユニークな表現であり、その美しさを手紙などで活かすことができます。

季節を表現する楽しみ

「三寒四温」という言葉を通じて、季節の変化を感じ取り、それを言葉にすることは、日本の四季の豊かさを再認識する機会を提供します。

手紙や挨拶文に季節感を取り入れることで、受け取る人に心温まるメッセージを送ることができます。

また、「三寒四温」のような言葉は、時と場合に応じて柔軟に使い分けることができ、その使い方一つで多様な表現が可能になります。

スポンサーテキスト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次