ユニクロのサングラスで夏を楽しもう!価格も魅力的!スポ-ツや運転時に注意すべき点も明解に!

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

ユニクロのサングラスが手頃な価格(税込1,990円)で購入できる点は魅力的です。しかし、これらのサングラスについて「目に悪い」という噂も存在します。

実際に調査した結果、ユニクロのサングラスは目に害を及ぼすものではありません。これらのサングラスには、紫外線を99%カットするUV400レンズが使用されており、目を紫外線からしっかり保護します。ただし、色が濃いレンズの場合は使用にあたって注意が必要です。

さらに、これらのサングラスはスポーツや運転に適しており、レンズの交換も可能です。購入を検討している方にとって、これらの情報は参考になるでしょう。

ユニクロのサングラスは、低価格(税込1,990円)で利用者にとって手軽に購入できる魅力があります。このサングラスは、店舗に足を運ぶ必要なく手に入れることができます。

目次

ユニクロサングラスと一部の専門的な眼鏡店で販売されているサングラスの違い

一方で、これらのサングラスが目に悪影響を与えるかどうかについて疑問が持たれています。しかし、調査の結果、ユニクロのサングラスは目に害を与えることはありません。2023年12月時点で販売されている全てのユニクロサングラスは、紫外線を99%カットするUV400レンズが使用されています。これにより、紫外線による目のトラブル、例えば紫外線結膜炎、翼状片、白内障などのリスクを大幅に減少させることができます。

つまり、ユニクロのサングラスは目に安全であり、日常生活やアウトドア活動時に紫外線から目を守る有効な選択肢です。

ユニクロのサングラスが目に悪いという噂は確かに根拠が薄いものですが、完全な保護を提供するわけではありません。ユニクロのサングラスは紫外線を99%カットするUV400レンズを採用していますが、レンズの裏面での紫外線反射や、フレームと顔の間の隙間からの紫外線侵入は防げません。

一部の専門的な眼鏡店で販売されているサングラスには、レンズの裏面に特殊なコーティングが施されており、これにより反射する紫外線を減少させることが可能です。また、より良いフィット感を提供するためにカーブしたフレームを採用しているサングラスもあります。

ユニクロのサングラスも、顔にフィットするデザインのものはありますが、サングラスの調整サービスは提供されていないため、完全に顔にフィットするとは限りません。したがって、ユニクロのサングラスはレンズの表面からの紫外線を効果的に防げますが、裏面からの紫外線対策は期待できない点を理解しておくことが重要です。

サングラスの色について

色の濃いサングラスについては、一見すると紫外線を効果的に遮るように思えるかもしれませんが、実はレンズの色の濃さと紫外線カット能力は直接的な関係がありません。色が濃いレンズは、瞳孔を広げるため、実際には目に入る紫外線の量が増える可能性があります。

色の濃いサングラスは、瞳孔を開かせ、より多くの光を取り入れるようにするため、レンズの裏面の反射やメガネと顔の隙間からの紫外線が直接目に入りやすくなります。これにより、目への負担が増え、目の健康を損なう恐れがあります。

ユニクロのサングラスは、表面からの紫外線を99%カットするため、紫外線対策としては有効です。しかし、裏面の反射を防ぐ加工が施されていないため、色の濃いサングラスを選ぶ際には注意が必要です。

総合的に考えると、ユニクロのサングラスは使用しないよりは使用した方が良いでしょう。ただし、完全な保護を得るためには、帽子を併用するなどの追加対策を講じることが推奨されます。これにより、裏面からの紫外線や隙間からの侵入をさらに防ぐことができます。

ユニクロのサングラスは、運転やスポーツなど、日常のさまざまな活動に適しています。これらのサングラスは、強い日差しを効果的に軽減するため、アクティビティ中の視界を快適に保つことができます。

運転時の使用

運転中、特に昼間の強い日差しは非常に眩しいものですが、ユニクロのサングラスはこれを軽減し、安全な運転をサポートします。ただし、運転に使用するサングラスを選ぶ際は、以下の点を考慮することが重要です:

可視光線透過率: 日本工業規格(JIS)によると、昼間の運転には可視光線透過率が8%以下のサングラスは使用禁止です。

適切な透過率(20~30%程度)のサングラスを選ぶことで、日差しを防ぎつつ、信号や周囲の状況が見やすくなります。

レンズカラー: グレー、ブラウン、グリーンなどのレンズは、眩しさを軽減しながらも、環境を自然な色で見ることができるため推奨されます。

夜間運転

夜間運転用のサングラスは、特に明るさを保ちつつ対向車のライトの眩しさを軽減することが求められます。ユニクロでは以下のような製品がおすすめです:

可視光線透過率: 75%以上で、視界を確保しながらも、眩しさを適度にカットします。

レンズカラー:イエローやオレンジのレンズが、夜間の眩しさを効果的に軽減し、視界の明るさを保つのに役立ちます。

ユニクロのサングラスを使うことで、ファッションアイテムとしてだけでなく、実用的なアイウェアとしてもその価値を享受できます。ただし、裏面からの紫外線やメガネと顔の隙間から入る紫外線を防ぐために、追加の対策が必要である点は留意してください。

スポンサーテキスト

ユニクロのサングラスは、運転やスポーツなどのアクティビティでの使用にも適していますが、夜間運転用としてはイエローやオレンジのレンズが推奨される場合、ユニクロのラインナップでは見つかりません。

これらの色のレンズは、夜間の光の眩しさを軽減し、視界の明瞭性を向上させるため、他の専門店で適切な製品を選ぶことが良いでしょう。

スポーツ用サングラスについて

ユニクロのスポーツウェリントンサングラスは、特に屋外スポーツにおいてその価値を発揮します。

これらのサングラスには偏光レンズが使用されており、以下のような特徴があります:

偏光レンズ:このタイプのレンズは、水面や雪面、その他の平面からの反射光を効果的に減少させることができ、視界をクリアに保つ助けとなります。ゴルフ、釣り、スキーやスノーボードなどのアクティビティで特に有用です。可視光線透過率:14%から17%の範囲で、強い日差しの中でも視界を保護します

これらのサングラスは、日常の使い方だけでなく、アクティブなスポーツシーンにおいても大きな助けとなります。しかし、ユニクロのサングラスにはレンズ交換のオプションが提供されていないため、もし特定の条件下で別の種類のレンズが必要であれば、他の眼鏡専門店を訪れる必要があります。

注意点

ユニクロのサングラスは、表面からの紫外線を大幅にカットしますが、裏面の反射や隙間からの紫外線対策は完全ではありません。

したがって、これらのサングラスを使用する際は、帽子など他の保護手段と組み合わせることで、目をより効果的に守ることができます。

ユニクロのサングラスを選ぶ際は、その用途や必要とされる保護レベルを考慮して、適切な製品を選びましょう。

ユニクロのサングラスはスタイリッシュで手頃な価格であるため、多くの人に人気ですが、残念ながらユニクロ自体ではレンズの交換サービスは提供されていません。度付きレンズや好みのレンズに交換したい場合は、専門の眼鏡店を利用する必要があります。

レンズ交換が可能な眼鏡店

JINSやZoff: これらの店舗では、ユニクロのフレームに対応可能な度付きレンズや特殊なコーティングを施したレンズを提供しています。裏面での紫外線反射を防ぐ加工も可能ですが、フレームによってはレンズ交換ができない場合もあるので、店頭で確認する必要があります。

  基本料金: 約6,600円から

  紫外線反射防止レンズ追加料金: 約3,300円

郵送でのレンズ交換サービス

メガネショップE-ZONE: 店舗に行くのが難しい場合は、郵送でのレンズ交換サービスを提供しています。このサービスでは、手元にあるユニクロのサングラスを送り、希望のレンズに交換してもらうことができます。

波長390nmまでの紫外線を99%カットするレンズなど、多様なオプションが用意されています。

 料金: 約6,280円から

 注意点: フレームの状態によっては交換が不可能な場合もあります。

レンズ交換の際のポイント

フレームの素材と形状: 特殊な素材や強いカーブがあるフレーム、サイズが大きいフレームなどはレンズ交換が難しいことがあります。

レンズの種類: 紫外線カットのみならず、色や度付きの有無も重要です。特にスポーツや運転に使用する場合は、視界のクリアさを損なわないレンズを選ぶことが重要です。

ユニクロのサングラスは、紫外線から目を守るための基本的な保護は提供しますが、完全な目の保護を求める場合はこれらの専門的なサービスを利用すると良いでしょう。また、レンズの裏面からの紫外線を防ぐためには、帽子の使用など他の対策も併用することをお勧めします。

スポンサーテキスト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次