女性限定シェアハウスのメリットとデメリット防犯面重視?

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

シェアハウスといえば男女共用が主流ですが、女性専用の選択肢も存在します。特に、男性との共同生活に不安を感じる方に適した選択かもしれません。

スポンサーリンク

しかし、女性専用シェアハウスを検討する際、その利点と同時に持ち合わせる欠点についても知っておくべきです。この記事では、女性専用シェアハウスの特有のメリットとデメリットを探っていきます。

スポンサーリンク
目次

女性限定でのメリット

女性限定シェアハウスは、文字どおり女性のみが入居可能な住空間です。シェアハウス市場における女性の利用者は全体の60%を占め、「男性との共居が心配」という声に応える物件があります。これらのシェアハウスは、女性の快適な生活をサポートするために特別に設計されたり、内装や設備にこだわりを持っていることが多いです。

共有スペースでは、色使いに特別な注意を払っており、個室も広々としており、個人の持ち物を収納しやすい工夫がされています。また、部屋ごとに冷蔵庫を設置している物件もあります。

選択肢の広がり

日本国内には約5,000のシェアハウスがあり、そのうち女性専用は全体の約20%を占めます。女性専用シェアハウスのみを対象にすると選択肢が限られますが、男女共用を含めれば選択の幅が広がります。実際、女性専用の方が家賃が安く設備が整っていることが多く、一部の地域では女性専用シェアハウスが主流を占めていることもあります。マンションと比較すると、かなり家賃を抑えられる傾向にあります。

安全性の向上

防犯面では、女性専用シェアハウスが一人暮らしよりも安全と言えます。不審者が侵入しにくいだけでなく、セキュリティシステムが充実しており、住居者が安心して生活できる環境が整えられています。例えば、複製が難しいカードキーや全室鍵付きの個室、緊急時に役立つ緊急ボタンなどが設置されています。

また、女性の生活に合わせた設備や家電が備え付けられており、料理や日常生活が快適に過ごせます。クローゼットや収納スペースも広く設計され、美容器具や加湿器などの特別な家電も用意されていることがあります。

最後に、男女間のトラブルが起こりにくいという点も大きなメリットです。シェアハウスでありがちな性別間の軋轢がないため、より穏やかで快適な共同生活を送ることが可能です。

女性専用シェアハウスにおける恋愛関連の課題の解消

女性専用シェアハウスでは、男女共用の場合によく見られる恋愛に起因する問題が発生しないことが一つの大きな利点です。例えば、共用スペースでのカップルのいちゃつきや、軽い会話がきっかけで生じる嫉妬のような状況は避けられます。このように、女性専用シェアハウスでは、男女間の複雑な関係性に悩まされることなく、ストレスなく生活できる環境が提供されます。

女性専用シェアハウスのデメリット

女性専用シェアハウスが提供する穏やかな生活環境にもかかわらず、いくつかのデメリットが存在します。

異性との接触機会の減少

一般的なシェアハウスの魅力の一つに、異性との自然な出会いが挙げられます。男女混合のシェアハウスでは、生活を共にする中で恋愛関係が芽生えることも少なくありません。しかし、女性専用シェアハウスでは、男性との日常的な接触がなくなるため、恋人を見つけたい方にとっては不利な点かもしれません。ただし、マッチングアプリなど他の出会いの手段があるため、シェアハウスに出会いを求める必要は必ずしもありません。

恋人の訪問制限

一般的なシェアハウスでは、恋人や友人を招くことが可能ですが、女性専用シェアハウスでは、他の入居者への配慮から男性の訪問が制限される場合が多いです。これは、特に男性を招きたい場合には不便を感じるかもしれません。

緩やかな生活態度

異性がいない環境では、外見への意識が低くなりがちで、家の中でのだらしない格好や片付けを怠ることが増えるかもしれません。男性がいる場合は、見た目に少し気を使う傾向があり、それが清潔感を保つ動機にもなります。

共用施設の利用時間の増加

女性専用シェアハウスでは、朝の準備にかかる時間が男女混合のものより長くなる傾向にあります。これは、メイクや髪型などにより多くの時間を割くためで、特に朝の忙しい時間帯には不便を感じる可能性があります。

スポンサーリンク

共用スペースの清潔度の問題

共用スペースの清掃は、清掃業者によって行われることもありますが、自分たちで管理するシェアハウスも多いです。男女混合の場合は、「異性の目」があるため、ある程度の清潔さが保たれがちですが、女性専用ではそのような外部のプレッシャーが少ないため、共用スペースが汚れがちです。

女性専用シェアハウスの清潔さと交友関係の限定性

女性専用シェアハウスには「清潔である」というイメージが強いですが、異性の目がない環境では、清掃への意識が低下しやすい人もいるかもしれません。そのため、清潔さを最優先する場合は、女性が多いが男女共用の小規模シェアハウスを選ぶことを推奨します。

交友関係の範囲が狭まる

女性専用シェアハウスでは、交流可能なのは女性だけとなります。これは、「多様な人々との交流を望む」や「異性の友達を作りたい」と考えている人にとっては不利な点です。男女共用シェアハウスの場合、年齢や性別が幅広く、様々な人との出会いが期待できますが、女性専用ではその機会が限られてしまいます。

男性の視点を得られない

女性専用シェアハウスでは、住民が女性のみのため、男性の視点や意見を聞く機会が失われます。日常生活の悩みや問題解決に際して、男性からの意見が有益である場合もありますが、女性専用ではそのような多様性が欠けがちです。

女性専用シェアハウスの居住者からのフィードバック

メリット:リラックスした生活

女性専用シェアハウスで生活すると、「異性の目を気にせずに済む」という点が大きな利点です。家にいる時は自分のペースでリラックスして過ごせるため、ストレスフリーな生活が送れます。また、女性同士のコミュニティは支援的で、相談に乗ってくれる人が多いのも特徴です。

デメリット:清掃状態のばらつき

一方で、清掃状態にばらつきがあることも指摘されています。これはシェアハウスによって異なるため、一概には言えませんが、内覧時には共用スペースの清潔さをチェックすることが重要です。

小規模シェアハウスの選択

トラブル回避のための小規模選択

シェアハウスでのトラブルは、住人数が多いほど発生しやすくなります。10人以下の小規模シェアハウスを選ぶことで、トラブルに巻き込まれるリスクを減らし、アットホームな環境で生活できます。

トイレや洗面台の複数設置

女性専用シェアハウスでは、トイレや洗面台の使用時間が長くなることがあります。そのため、複数の設備が設置されている物件を選ぶことで、朝の混雑を避けることができます。

ハウスルールの確認

シェアハウス選びでは、独自の

ハウスルールがどのように設定されているかを確認することが大切です。ルールが多すぎると生活が煩わしくなる可能性がありますが、逆にルールが少ないと無秩序な状態になりがちです。自分にとって快適なバランスを見つけることが重要です。

シェアハウス選びで注目すべき点

清掃体制の確認

シェアハウスによっては、清掃が当番制で行われる場合や、プロの清掃業者に委託されている場合があります。自分で掃除をするのが苦手な場合や、常に清潔な環境で生活したい場合は、清掃業者に委託されているシェアハウスを選ぶと良いでしょう。

女性専用シェアハウスを探せるサイトの活用

シェアハウスを探す際は、女性専用の物件を多く取り扱っているサイトを利用すると便利です。物件数が多ければ、自分の希望に合ったシェアハウスを見つけやすくなります。

初期費用の確認

シェアハウスの初期費用は物件によって大きく異なります。予算に合った物件を見つけるためにも、事前に初期費用を確認しておくことが重要です。

女性専用シェアハウスのまとめ

女性専用シェアハウスは、男性のプレゼンスがない分、安心して生活できる環境を提供しますが、その一方で異性との交流の機会が減るなどのデメリットもあります。また、共用スペースの清潔さにばらつきがあることも覚えておきましょう。男女混合シェアハウスを含めて検討することで、より自分に合ったシェアハウスを見つけることができます。小規模でアットホームな環境、清掃体制が整っている物件、適切なハウスルールが設けられている場所を選ぶことが、快適なシェアハウス生活の鍵となります。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次