大学の始まりにふさわしいスーツ選び

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

新学期が始まると、大学の新入生やその家族は、入学式に着用するスーツの選び方に頭を悩ませることでしょう。「どの店でスーツを選べば良いのか?」「適切なスーツの色は何色?」といった疑問が浮かび上がることが多いです。

スポンサーリンク
目次

大学入学式のためのスーツ選び

2月から3月にかけて、多くのスーツ専門店では新作の販売が始まります。メンズやレディースのスーツが多数登場し、こだわりのある人には特におすすめの時期です。スーツ専門店には、洋服の青山、コナカ、AOKI、スーツカンパニーなどがあり、初めてスーツを購入する方にも、店員のアドバイスを受けながら安心して選ぶことができます。サイズやデザインの選択肢も豊富で、自分に合ったスーツを見つけることができます。また、多くの店舗では「2着で特定の価格」というようなオファーがあります。

スーツ専門店での購入は、即売りの「吊るし」購入やセミオーダーが可能ですが、オーダーの場合は少なくとも2週間、繁忙期は3週間程度かかることがあるので、入学式の日程に合わせて計画的に購入しましょう。

また、大型スーパーや衣料品店(イオン、イトーヨーカドー、ユニクロ、しまむら、ハニーズなど)も選択肢の一つです。これらの店舗は手頃な価格でスーツが購入でき、一時的な使用には最適です。

高価格帯を求めるなら、組曲、23区、COMME CA ISM、UNTTITLED、green label relaxing、UNITED ARROWS、BEAMS HEART、タケオキクチなどのアパレルブランドも良い選択です。オーダーメイドのスーツも選択肢の一つですが、作成には最低でも3週間を要するため、早めの検討が必要です。

入学式に適したスーツの色選び

入学式には、紺色、グレー、黒などのダークカラーのスーツが基本です。白や赤などの明るい色のスーツは避けるべきです。また、大学生活が進む中で、インターンシップや就職活動にもこのスーツを使用することがあります。そのため、体型の変化を考慮して、少し大きめのサイズを選ぶのも一つの方法です。

入学式で着用するスーツは、その後の就職活動でも使用されることが多いため、就活に適したダークカラーを選ぶことが重要です。明るいブルーやブラウンなどの派手な色は、入学式では許容されるかもしれませんが、就職活動では適さない場合があります。ただし、例外として、塾講師などのアルバイトを考

慮している場合は、少し明るめの色のスーツを選ぶこともあり得ます。これを入学式やアルバイトに着用し、就職活動が近づいた際に新たなスーツを購入する選択肢もあります。

スポンサーリンク

しかし、一般的には、入学式、就職活動、卒業式で同じスーツを着用することが多いです。そのため、就職活動にも適した色を選ぶことをおすすめします。ダークカラーはフォーマルな場にふさわしく、多くのシーンで活用できるため、賢い選択と言えるでしょう。

このように、大学入学式のスーツ選びは、購入場所、デザイン、色によって大きく異なります。自分のスタイルや今後の使用目的を考慮しながら、最適なスーツを見つけましょう。

大学入学式の装い:ピアスからネイルまで、何が許される?

ピアスの着用について

大学生になると、高校の校則から解放され、ピアスを着用することが一般的になります。多くの大学で、ピアスの着用に対して厳しいルールは設けられていません。ただし、TPO(場所、時間、場面)を考慮して、適切なスタイルを選ぶことが推奨されます。例えば、大きなフープピアスや動きのある長いデザイン、複数のピアスの使用は避けるべきです。入学式には、より控えめでシンプルなピアスを選ぶことが望ましいです。また、ピアスの穴を新たに開ける場合は、入学式までに十分な時間を確保して、赤みや腫れを避けることが大切です。

茶髪の可否

大学入学式において、自然な茶色や少し明るい髪色は通常許容されます。ただし、派手すぎる髪色は避けるべきです。美容室でのアドバイスによると、入学式前に髪色を暗くし、式後に明るい色に変える学生も多いようです。入学説明会などで学校の雰囲気を掴んだ上で、髪色を決めるのも一つの方法です。

カラコンの着用基準

カラコンを着用する場合も、過度に派手な色や大きさを避けることが推奨されます。特に、自然な目の色と大きく異なるグレーやブルーなどは、入学式では不適切とされることがあります。自然な茶色や黒に近い色のカラコンを選ぶと、自然に見えることが多いです。ただし、大学によっては宗教的な観点から制限がある場合もあるので、不安な場合は事前に確認することが良いでしょう。

ネイルの適切性

入学式にネイルを施す場合は、派手すぎない、控えめなデザインを選ぶべきです。透明感のあるクリアやベージュ、自爪に近い色のピンクなど、シンプルなカラーが好まれます。ただし、調理関係や医療系、保育福祉系の学部では、ネイルが禁止されていることもあるので注意が必要です。入学式でどうしてもネイルをしたい場合は、取り外し可能なシールタイプやマニキュア、ネイルチップがおすすめです。

大学入学式の準備について  まとめ

大学生活は高校とは異なり、服装や化粧に関する校則がないため、どのように準備するか迷うこともあります。しかし、基本的にはTPOに応じた服装や行動を取れば問題ありません。大学によって異なる場合もあるので、不安なら直接大学に問い合わせてみると良いでしょう。

新しい生活のスタートは、不安と期待が混ざり合うものですが、どんな状況にも対応できるように準備することが大切です。みなさんがこれから迎える大学生活は、きっと充実したものになるでしょう。緊張感を持ちながらも、新たなスタートを楽しんでください。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次