【隅田川花火大会2023】の日程やアクセス、観客席情報について

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

【隅田川花火大会2023】の日程やアクセス、観客席情報についてお伝えします。

東京、そして日本を代表する花火大会の一つが「隅田川花火大会」。

新型コロナウイルスの影響で3年連続中止となっていましたが、今年2023年は4年ぶりに開催されることが決定しました。

隅田川花火大会は、全国的にも有名な花火大会なので「いよいよ本格的な夏が戻って来た!」という感じがしますね。

スポンサーリンク
目次

【隅田川花火大会2023】の日程

さて、第46回目となる今年の隅田川花火大会の開催日時は、

・7月29日土曜日

・午後7時~午後8時30分

となっています。

ちなみに隅田川花火大会は、2ヶ所から花火が打ち上げられ、会場によって打ち上げ時間が異なります。

まず、第一会場である「桜橋下流~言問橋上流」では午後7時~打ち上げられます。 

そして、第二会場である「駒形橋下流~厩橋上流」では午後7時30分~打ち上げられます。

打ち上げ開催場所は、東京都墨田区・台東区になります。

また、隅田川花火大会は打ち上げ花火数も会場によって異なります。

第一会場では約9,350発・第二会場では約10,650発の合計20,000発もの花火が打ち上げられます。

さらに、第一会場では「花火コンクール」が開催されます。

隅田川花火大会は江戸時代中期から昭和36年までは「両国川開き花火大会」という名前で、両国橋上流から花火が打ち上げられていました。

そんな「両国花火ゆかりの業者7社」に加えて「日本の花火大会で優秀な成績をおさめた業者3社」の10社による花火が「花火コンクール」。

各社が魅せ合う力作の花火は私たちの心を揺さぶること間違いないでしょう。

例年、100万人もの観客が訪れる隅田川花火大会。

7月29日の土曜日が荒天の場合は、7月30日日曜日に順延されます。

7月30日も荒天であれば、花火大会自体が中止となってしまいます。

何としても4年ぶりの開催を祈るばかりです。

そして、隅田川花火大会と言えば、屋台も楽しみの一つ。

屋台は、「浅草駅」「蔵前駅」「両国駅」「押上駅」「本所吾妻橋駅」「曳舟駅」の駅前、「隅田公園」「汐入公園」「浅草寺」「両国国技館」などに出店されます。

15時~21時頃まで楽しめるので、ぜひ花火と共に屋台も満喫してくださいね。

【隅田川花火大会2023】 アクセス

次に隅田川花火大会へのアクセスです。

・第一会場:東武スカイツリーライン/東京メトロ銀座線/都営地下鉄浅草線「浅草駅」から徒歩約15分

・第二会場:東武スカイツリーライン/東京メトロ銀座線/都営地下鉄浅草線「浅草駅」から徒歩約8分または都営地下鉄大江戸線/都営地下鉄浅草線「蔵前駅」から徒歩約5分

ですが、当日は大変混雑するため、少し離れた駅で降りて隅田川花火大会へ向かう人もいるようです。

また、例年隅田川花火大会当日は、東武スカイツリーライン・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線で臨時便が運行しています。

【隅田川花火大会2023】 駐車場

そして、隅田川花火大会では臨時の駐車場などの準備はありません。

電車でアクセスしやすい花火大会であるため、公共交通機関での来場がおススメです。

さらに、隅田川花火大会の会場付近では前日から立ち入り禁止になる区域もあります。

花火大会当日は16時30頃から会場付近を中心に車両の通行止めがはじまり、18時にはより広域で交通規制がかかります。

やはり、公共交通機関での来場が良いでしょう。

【隅田川花火大会2023】 市民協賛席・トイレ

隅田川花火大会は、都心で行われる花火大会であるため、座って見られる花火大会ではなく歩きながら鑑賞する花火大会です。

しかし、「どうしてもゆっくり座って花火を楽しみたい!」という方には、有料の「市民協賛席」や「屋形船」、そして「穴場スポット」などがおススメです。

「市民協賛席」

隅田川花火大会には、有料の市民協賛席が準備されます。

①台東リバーサイドスポーツセンター野球場(団体席)

・会場・席種:第一会場・ビニールシート

・申込可能口数:1口のみ

・協賛金額:80,000円

・招待人数:22名

・総募集口数:100口程度

・申込方法:はがき(抽選)

②台東リバーサイドスポーツセンター野球場

・会場・席種:第一会場・ビニールシート

スポンサーリンク

・申込可能口数:1口のみ

・協賛金額:20,000円

・招待人数:5名

・総募集口数:1,550口程度

・申込方法:はがき(抽選)

③台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場

・会場・席種:第一会場・ビニールシート

・申込可能口数:1口のみ

・協賛金額:20,000円

・招待人数:5名

・総募集口数:500口程度

・申込方法:WEB(先着)

④墨田区側隅田公園そよ風ひろば

・会場・席種:第一会場・パイプ椅子

・申込可能口数:4口まで

・協賛金額:6,000円

・招待人数:1名

・総募集口数:500口程度

・申込方法:はがき(抽選)

⑤墨田区側両国親水テラス、市民協賛席申し込み情報

・会場・席種:第二会場・パイプ椅子

・申込可能口数:4口まで

・協賛金額:6,000円

・招待人数:1名

・総募集口数:1,850口程度

・申込方法:WEB(先着)

となっています。

なんと、WEB応募は年5月8日10時から受付がはじまっています。

はがきの場合は、5月16日火曜日(当日消印有効)となっています。

ぜひ、気になる方は早めに応募されることをおススメします。WEBは完売しました。

「屋形船」

そして、隅田川花火大会の大人な楽しみ方の一つに「屋形船」が挙げられます。

豪華な料理を食べながら、日本の夏を象徴する隅田川花火大会を鑑賞するなんて素敵な夏になること間違いありません。

乗合屋形船や貸し切りプランなど、ぜひ早めのチェックとご予約がおススメです。

【隅田川花火大会2023】の「穴場スポット」

そして、隅田川花火大会の混雑を避けてゆっくり見たい方は穴場スポットもおススメです。

①東京スカイツリー展望デッキ

東京都墨田区にある世界一高いタワー「東京スカイツリー」から隅田川花火大会を楽しむことができます。

前回の2019年の開催時には、155mの屋外を開放した「SKYTREE TERRACE(スカイツリーテラス)」から花火観覧ができるプランが販売されました。

夜景と共に花火をゆっくり楽しめる穴場スポットです。

②タワーホール船堀展塔

江戸川区の船堀にあるタワーホール船堀(江戸川区総合区民ホール)展望塔も穴場スポットでおススメです。

第一会場と第二会場両方の花火を鑑賞できるスポットです。

しかも入場無料なのも嬉しいポイントです。

③コモディイイダ東向島店

墨田区の向島にあるショッピングセンター、コモディイイダ東向島店も穴場スポットです。

コモディイイダ東向島店では、お店のポイントカードを作るだけで隅田川花火大会当日に屋上の駐車場を開放してくれるサービスがあります。

例年、先着300名なので早めにポイントカードを作りたいところです。

そして、隅田川花火大会のトイレ情報ですが会場周辺に多数、公衆トイレが設置されますが、今年の最新のトイレ情報はコチラ↓↓の公式サイトをチェックしてくださいね。https://www.sumidagawa-hanabi.com/preparation/index.html

『まとめ』

2023年の今年、4年ぶりに隅田川花火大会が開催されます。

歴史ある日本の夏の風物詩とも言える隅田川花火大会。

花火コンクールや2つの会場から織り成す打ち上げ花火の彩りは、感動すること間違いないでしょう。

ぜひ、今年の夏は隅田川花火大会へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

こちらの近くの宿泊施設が見れます。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次