「親の出席は大学入学式でも普通?」

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

中学や高校の入学式では親の同伴が一般的ですが、大学入学式における親の出席は少し異なります。多くの大学生は自立しているため、親が必ずしも必要とされない状況もあります。それにもかかわらず、親としては子どもの新たな門出を見守りたいという気持ちも強いです。

スポンサーリンク

親が大学入学式に出席することは、決して珍しいことではありません。実際、多くの大学は保護者席を用意し、親が式に参加することを想定しています。一部の大学では、保護者向けの説明会を同時に実施することもあります。ただし、会場の広さによっては保護者の同伴に制限がある場合もあるので、事前の確認が必要です。

遠くに住んでいる親や、感染症の影響で式に参加できない場合でも、オンラインで入学式の様子を観ることができる学校も増えています。これは、物理的には参加できなくても、大切な瞬間を共有できる素晴らしい方法です。

スポンサーリンク
目次

「大学入学式への親の参加:時代による意見の変遷」

大学入学式に親が同行するかどうか、様々な意見があります。

親が同行しない派の意見:

  • 子どもはもう大人であり、親の同行は不要
  • 子どもが恥ずかしがる可能性がある
  • 親が過保護だと思われるかもしれない

この点について、子どもが同行を望まない場合は尊重するのが良いでしょう。親としては寂しいかもしれませんが、感じ方は人それぞれです。

親が同行する派の意見:

  • 最後の入学式であるため、参加したい
  • 学費などの支援を行ってきたため、関わりを持ちたい
  • 子どもの通う学校の環境を知りたい
  • 学校からの重要な連絡事項がある場合もある

保護者の出席が許可されている場合、多くの親は子どもの重要な日に立ち会いたいと考えます。

約20年前は、大学の入学式に親が参加するのは珍しいことでした。しかし、時代の変化に伴い、大学入学式への親の参加は一般的になり、過保護とは思われなくなりました。

スポンサーリンク

親としては、子どもが努力して入学した大学の姿を見届けたいと思います。また、教育費がかかる最後の期間として、その瞬間を見守りたいという気持ちが強いです。

「大学入学式に親が参加する割合とその役割」

近年、大学入学式への親の出席率はどの程度なのでしょうか。過去10年間を見ると、母親の出席率は約70%、父親の出席率は約30%であることが分かります。ただし、2020年度と2021年度はCOVID-19の影響で出席率が低下しましたが、これは例外的な状況です。通常の年では、母親の出席率が高く、保護者の不出席が少ない状況が見受けられます。これは、大学入学式が保護者にとっても重要なイベントであることを示しています。

大学の入学式は中学校や高校のそれとは異なり、出席の義務感が少なく、席の指定もないことが一般的です。一部の大学では、入学式を行わない場合もあります。大学によって差があるため、事前の確認が推奨されます。

入学式での一般的な流れは以下の通りです:

  • 学長や学部長による式辞
  • 来賓による祝辞
  • 新入生代表の挨拶

学生は専用の席に座ることが多く、保護者は別のエリアに配置されることが一般的です。例えば、学生は1階や2階に座り、保護者は3階席になる場合があります。ただし、多くの新入生がいるため、保護者が自分の子どもを見つけるのは難しいでしょう。

「大学入学式での親子の過ごし方:出席から別行動まで」

大学の入学式が終わると、子どもと保護者が再び一緒に時間を過ごすのは難しい場合が多いです。子どもはオリエンテーションやゼミなどの活動に忙しくなり、保護者は説明会に出席することもあるでしょう。もし一緒に帰宅する予定がある場合は、頻繁に連絡を取り合う必要があります。

子どもがサークル見学やゼミに向かい、親が下宿先の準備を手伝うなど、別々の活動をするのも一般的です。入学式への出席後、親子がずっと一緒にいることは少なく、会場への入場までが共に過ごす時間となることが多いです。しかし、入学式での記念撮影は親子にとって特別な瞬間です。親は特に多くをする必要はありませんが、子どもが通う学校の環境を感じることができます。

最終的に、子どもの大学入学式に親が同行するかは個人の判断によります。人それぞれ感じ方は異なるため、他人の目を気にせず、納得のいく選択をすることが大切です。別行動を取りながら子どもを見守ることも一つの方法です。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次