5kmのウォーキングにかかる時間 – 歩き方次第で異なる結果!

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

5kmを歩くのに要する時間はどのくらいでしょうか?

多くの人にとって、通勤やウォーキング時間について気になる方も多いと思います。

この記事では、標準的な歩行速度を元にした5km歩行の平均所要時間を始め、歩数に関する詳細情報をお伝えします。

さらに、個々の歩行速度や体力に応じて変動する時間などもお伝えしますね。

この内容を参考に、あなたのウォーキングに関する疑問を解決し、効率的なウォーキングライフを楽しんでくださいね。

目次

5kmウォーキングにかかる時間は?歩き方がカギ!

通常、人の歩行速度は時速約4〜5キロです。

この速度であれば、5kmを完歩するのに約60分から75分が必要です。

例えば、時速4キロで歩けば約75分、時速5キロであれば約60分で完歩できます。

これは休憩を取らずに一定の速度で歩き続けた場合の理論値です。

実際には、歩行速度は個人の体力や歩く環境、目的によって異なります。

ゆったり歩いたり、景色を楽しみながら散歩したりする場合、より長い時間がかかることがあります。

歩行速度による時間のばらつき

歩行速度は個人によって大きく異なり、これが所要時間に影響を与えます。

速歩きで時速6キロ以上出せる人もいれば、ゆっくりと時速3キロで歩く人もいます。

この速度差により、5kmを歩くのにかかる時間は大きく変わります。

速歩きの場合、約50分で到達することができますが、ゆっくり歩く場合は100分以上かかることもあります。

また、休憩を挟んだり、写真を撮ったりすることで、さらに時間が延びることがあります。

歩行速度が一定ではないため、自分のペースを考慮し、余裕を持った時間計画を立てることが重要です。

スポンサーテキスト

特に、時間に制約がある通勤や通学で新しいルートを試す場合は、余裕を持ったスケジュールが推奨されます。

5km歩行時の必要歩数

歩幅から見る歩数の目安

5kmを歩く際に必要な歩数は、歩幅によって異なります。一般的に成人の歩幅は約70cmから80cmです。

この平均的な歩幅を基にすると、5kmを歩くのに約6,250歩から7,140歩が必要です。

例えば、時速4キロで歩けば約75分、時速5キロであれば約60分で完歩できます。

これは休憩を取らずに一定の速度で歩き続けた場合の理論値です。

実際には、歩行速度は個人の体力や歩く環境、目的によって異なります。

歩数に影響する個人差について

歩数には個人の特性による大きな違いがあります。

特に、歩幅はその明確な例です。

例えば、背が高くて歩幅が広い人は、少ない歩数で5キロメートルをカバーできる一方で、身長が低く歩幅が狭い人はより多くの歩数を踏む必要があります。

さらに、歩行時のペースや歩き方の違いも歩数に影響を及ぼします。

速歩きで大股に歩けば歩幅が拡がり、必要な歩数は減少します。

逆に、ゆっくりと小股で歩く場合は歩幅が狭まり、歩数が増えます。

また、立ち止まる動作や方向転換なども総歩数に影響します。

これらの動作を加味しなければ、実際の歩数と計画した歩数に差異が出ることがあります。

これらの個人差を考慮に入れて、歩数計やスマートウォッチを用いて自身の歩幅や日々の歩数を把握することで、より正確な歩数計画が可能になります。

スポンサーテキスト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次