旅行中も安心!植物の水やり対策ガイド

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

旅行中に植物の水やりを心配しているガーデニング愛好者の皆さんには、便利な方法をご提案します。

それは「保冷剤」を使うことです。

あおい

普段、生菓子の購入時にもらうことが多い保冷剤があれば、これを活用すると良いでしょう。

家に余っている保冷剤を利用すれば、数日間、水やりの心配から解放されます。

この簡単なテクニックで、旅行をもっと楽しむことができますよ。                       旅行中に植物の水やり問題を解決するために、保冷剤の使用が非常に効果的です。

目次

保冷剤を使って水やり

主に98%の水と2%の高吸水性ポリマーで構成されている保冷剤は、そのポリマーが水分を500倍から1000倍まで吸収し、保持する能力を持っています。

これにより、植物が必要とする水分を長期間維持することが可能になります。

使用方法は非常にシンプルです。

まず保冷剤を解凍し、プランターに通常通り水をやった後、解凍した保冷剤の中身を土の上に置くだけです。これだけで、数日間は植物が十分な水分を保つことができ、旅行中も植物の世話を心配する必要がありません。

ただし、1週間以上の長期旅行の場合は、この方法だけでは不十分かもしれませんので、次に紹介する他の水やり対策も検討してください。

もし保冷剤が手元にない場合でも、自分で簡単に水やり器を作ることができます。特に、ペットボトルを利用した水やり器は、手軽で効果的な方法です。

ペットボトルの水やり器の作り方

必要なもの:

– ペットボトル(500mlから2Lサイズまで)

スポンサーテキスト

– 穴あけ用の道具(キリなど)

作り方:

1. ペットボトルのキャップに3箇所穴を開ける。

2. ペットボトルに水を満タンに入れる。

3. 逆さまにして、プランターに差し込む。

これだけで、自作の水やり器が完成します。とても簡単なので、ぜひお試しください。

穴を開ける際は、怪我をしないよう注意して作業を行ってください。

便利グッズ:100均の「トンガリキャップ」

さらに、穴をあける手間を省きたい場合は、100円ショップで販売されている「トンガリキャップ」がおすすめです。

これはペットボトルのキャップ部分と付け替えるだけの簡単なアイテムで、穴あけの必要がありません。      このような便利グッズは、100円ショップだけでなく、ネットショップでも様々なバリエーションが販売されているので、お好みや用途に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

旅行中に植物の水やりをどうするか、という問題には便利な解決策があります。

特に「保冷剤」の使用が推奨されます。家に余っている保冷剤があれば、その効果を試してみてください。       保冷剤は土の上に置くだけで、水分を長時間保持し、植物に供給します。

保冷剤がない場合でも、自分で水やり器を作る方法があります。                        手軽に作れるペットボトルの水やり器は、非常に効果的です。                                   また、100円ショップやオンラインショップ(例えばAmazon)で、さまざまな種類の水やりグッズが手軽に購入できます。

これらの方法を活用すれば、旅行中も植物の世話を心配する必要がなく、安心して時間を楽しめます。どの方法も簡単で効果的なので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーテキスト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次