新幹線Swork車両って何?

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

2021年10月1日から、東海道山陽新幹線の「のぞみ」号にビジネスマン向けの「Swork」サービスが始まりました。これは、新幹線に乗りながらパソコンを使ったり、ミーティングをしたりできる特別な車両です。Swork車両は、ビジネスのために作られていて、静かな環境が必要な人にぴったりです。

スポンサーリンク
目次

Swork車両に乗るにはどうしたらいい?

Swork車両に乗るには、「EX予約」か「スマートEX」で予約します。これはインターネットでできて、乗車日の28日前から乗車する列車の出発時間4分前まで予約可能です。乗車するときは、交通系ICカードか、スマホのチケットレスサービスを使います。

☆ Swork車両は仕事しなくても乗れる?

Swork車両はビジネス用ですが、仕事をしない人も乗ることができます。ただし、この車両では、静かに過ごすことが期待されています。他の人とのおしゃべりや、うるさい音は控えましょう。そうすることで、みんなが快適に過ごせます。

Swork車両の評判は?

Swork車両は、多くの人に気に入られていて、SNSでも好評です。特にビジネスマンや、静かな場所を求める人に人気があります。ただし、中には期待外れだったという声もあります。たとえば、隣の席でおしゃべりをしている人がいたり、前の席が深く倒れていて作業に影響があったりすることがあるようです。でも、2023年7月からは、リクライニングの動きを小さくする改良がされているので、そういった問題も解決されつつあります。

新幹線Swork車両の予約方法

スポンサーリンク

Swork車両を予約するには、「EX予約」や「スマートEX」というオンラインサービスを使います。これは、普通車指定席と同じ値段で予約できます。もしまだ会員登録をしていない人は、Swork車両を使う良い機会かもしれません。スマートEXなら、クレジットカードと交通系ICカードを登録するだけで簡単に始められますよ。年会費は無料ですが、新幹線をよく使う人は年会費1,100円のEX予約がお得です。2024年の春からは、駅の窓口や券売機でも買えるようになる予定ですが、今はオンラインだけです。注意してくださいね。

Swork車両の利用規則

Swork車両はビジネス用ですので、特にルールがあります。乗客同士のおしゃべりや座席の回転はできません。子供と一緒の乗車もできないので注意してください。音の出る作業はOKですが、大きな声で話すのは迷惑になるので控えましょう。Webミーティングをするときは、ヘッドセットやマイクを使うといいですね。仕事をしない人も乗れますが、静かに過ごすことが大切です。

Swork車両でのマナー

Swork車両では飲酒や食事が可能ですが、他の乗客に迷惑をかけないようにしましょう。匂いが強いものや音が出る食べ物は避けるのがマナーです。駅構内で売っているお弁当は匂いが少ないので安心して食べられます。ビールで乾杯もOKですが、飲み過ぎには注意しましょう。

Swork車両のメリットとデメリット

Swork車両のメリットは、他の乗客に気を使わずにパソコン作業や通話、Webミーティングができることです。今後もビジネスブースなどのリニューアルが期待されています。デメリットは、繁忙期に利用できないことや、子供と一緒には乗れないことです。しかし、「のぞみ」だけでなく「ひかり」「こだま」にも広がっているので、利便性は向上しています。

まとめ

Swork車両はビジネスパーソン向けの特別車両で、新幹線「のぞみ」の7号車にあります。パソコン作業や通話が認められていて、予約はオンラインで行います。子供向けの設定はなく、複数名での予約もできません。静かに過ごすことが求められますが、飲酒や食事は可能です。今後、座席のリクライニングやテーブルの改良、券売機での購入など、さらなる改善が予定されています。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次