年賀状の一言添え書きは笑顔になるもらって嬉しいメッセージとは

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

年賀状をもらった時、思わず笑顔がこぼれることって素敵ですよね。

特別なメッセージを添えれば、相手の心も温かくなるでしょう。

そこで、年賀状の一言添え書きに相手が笑顔になる素敵なメッセージの例をご紹介します。

目次

年賀状の一言添え書きで相手を笑顔にさせるメッセージを書く際のポイント

一年の初めに年賀状を読まれる方に笑顔になって頂きたいですね。

メッセージのポイントとして

  1. 真心を込めた感謝の言葉:相手に対する感謝の気持ちを素直に伝えることは相手の心を温かくします。
  2. 幸せを祈る言葉:相手の幸せを祈る言葉を添えることで、相手が喜ばれることでしょう。
  3. 明るいエピソードの共有:過去の楽しい思い出や笑えるエピソードを一言で振り返り、相手とのつながりを感じさせると良いでしょう。
  4. 相手を励ます言葉:新しい年に向けてのエールや励ましの言葉を添えることで、相手が力強く前を向けるかもしれません。
  5. 再会を願う言葉:遠くにいる大切な人や久しぶりに会えていない友人への再会を願う言葉を添えることで、相手も喜ぶことでしょう。
  6. お付き合いを続ける意思を伝える:お世話になった人や関係を築いていきたい人に向けて、今年もお付き合いを続けたいという意思を伝えると良いでしょう。

これらのポイントを参考にしながら、相手にとって嬉しいメッセージを心を込めて書いてみてくださいね。 相手が笑顔になる年賀状の一言添え書きは、特別な思いを伝える良い機会です。

あおい

送る相手や身内の方のお慶びごとにふれるのも、頂いた方はうれしいですよね。

年賀状の一言添え書きで相手が笑顔になれないメッセージ

・自分の身の周りの嬉しい出来事などを共有するのも良いかもしれませんが

気をつけたいのは自慢話のようにならないように注意しましょう。

・子供の話題を書く時は、相手にもお子さんがいるような場合なら同じ状況ですからよいのですが      年賀状を送る相手がお子さんが欲しくてもなかなか授かれないような方ならとても繊細な話題になりますので気をつけた方が良いですね。

・まだ結婚されていない独身の相手に送るような場合も受け取り方は人それぞれ異なります。                 単純に子供がいる賑やかで幸せな家庭が羨ましいと思ってくれるならいいですが、単なる自慢話のように受け取られると逆効果です。

そういう意味では相手の人柄や現在の状況などをよく考慮してから書いた方がいいですね。

他に仲の良い相手に何気なく書いてしまうのがネガティブな話題です。                                 仕事の忙しさ育児の大変さなどのアピールは年賀状にはあまり書かないでおきましょう。            読んだ相手も楽しい嬉しいなんて気持ちになれないでしょうね。

年賀状で大変さをアピールする人はあまりいないと思いますが

ネガティブな内容は書かない方がいいですね。

では、どんな事を書いたら良いでしょうか…

年賀状の一言添え書きで相手を笑顔にさせるメッセージの文例

年賀状では日頃の感謝を伝えると相手にも喜ばれます。

昨年中は大変お世話になりました

昨年は大変お世話になりありがとうございました

旧年中はいろいろお世話になりありがとうございました

旧年中は大変お世話になり心より感謝致しております。

昨年は格別のご指導を賜り厚く御礼を申し上げます

相手のことを気遣う言葉や思いやる優しさに、もらった人はとても嬉しいでしょう

風邪などをひかないようにどうかご自愛下さい

寒さ厳しい折くれぐれもご自愛下さい

まだまだ寒い毎日が続きますのでお気をつけ下さい

年の初めですから今年一年頑張ろうという意味でお互いを励ます言葉もいいでしょう

今年は受験の年ですねお互い勉強頑張りましょう

今年も一緒に仕事頑張りましょう

今年も一年頑張ろう

ご無沙汰してしまってる相手に、普段なかなかお会いできない事に対して今年こそ会いたいという気持ちを伝えるのはいいと思います

あおい

日時など具体的な予定はまた後日決めるとしても会えることを想像するだけでお互いに嬉しいはずです

今年はゆっくり会いたいね

スポンサーテキスト

今年はたくさん会いたいね

今年こそ一緒に旅行しようね

またお会いしましょう

またお会いできるよう楽しみにしております

また落ち着いたらお会いしてゆっくり話しましょう

相手の幸せを祈る言葉というものは定番ではありますが届いた人にとって自分の幸せを祈っている人がいるというのは嬉しいものです

良い一年になりますように

素晴らしい一年になりますように

素敵な年になりますように

充実した一年となりますように

笑顔と幸せで溢れる一年でありますように

幸多き一年となりますようお祈りいたします

新しい年が〇〇さんにとって素敵な一年になりますように

目上の人やお世話になった人に対して使う言葉になりますが「引き続きご指導をお願いします」と頼まれて嫌な思いはしないでしょう

本年もご指導のほどよろしくお願いいたします

本年もよろしくご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げます

本年も変わらぬご指導を賜りますようよろしくお願いいたします

本年もご指導とご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます

今年も変わらぬご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます

今年のお付き合いについてもお願いしておきましょう

今年もよろしくお願いいたします

本年もよろしくお願いいたします

本年も変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします

本年も変わらぬお付き合いのほどお願い申し上げます

年賀状の一言添え書き笑顔になるもらって嬉しいメッセージ文例まとめ

笑う門には福が来るというように年の初めから笑顔になることは大事なことですね。

笑顔と言っても微笑ましいものから大笑いするものまで様々ありますが、年賀状のメッセージ一つで

喜んでもらえるのは相手との関係性があればこそになります。

最近は年賀状を書く人が少なくなってますが、お世話になった人や

目上の人などには、やはり年賀状が活躍しています。

その大切な人のことを思って書くことで、届いた人も笑顔になれますね。

一言のメッセージが関係性を深く長く繋ぐことになるでしょう。

スポンサーテキスト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次