気軽な友人への寒中見舞いはがきの文例!冬のご挨拶

当サイトはアフリエイト広告を利用しています。

普段親しい友人に寒中見舞いはがきを書く場合、どのように書けばいいですか?
普段の関係にふさわしくなく、堅苦しい文面になってしまうことがありますね。
もっと気軽で堅苦しくない雰囲気にしたいと思いませんか。
そこで、友人にぴったりの寒中見舞いはがき文例をご紹介します。

目次

寒中見舞いはがきの目的と構成

寒中見舞いはがきを送るのは以下のような場合です。
・寒い時期のご挨拶
・喪中に気づかずに年賀状をいただいた場合のお返事
・相手が喪中で年賀状を出さなかった場合の年始のご挨拶
・遅れて年賀状を出してしまった場合のご挨拶
・松の内までに年賀状の返事を出せなかった場合のご挨拶
・寒中見舞いへの返事

今回は、寒さが厳しい時期のご挨拶と年賀状へのお礼の文例をご紹介します。
最初に、寒中見舞いの基本的な構成ですが
何を書けばいいのか確認しましょう。

  1. 寒中見舞いの挨拶
  2. 時候の挨拶
  3. 年賀状へのお礼の言葉
  4. 自分の近況報告
  5. お付き合いをお願いする言葉
  6. 相手の体調を気遣う言葉
  7. 日付

全ての項目を書く必要はありません。
送る相手との関係や状況に応じて、必要な項目を選んで書けば良いと思います。

友人に向けた気軽な寒中見舞いはがきの文例

友人に対して、堅苦しくない文面で寒中見舞いはがきを書きたいと思います。
ただ、どの部分が堅苦しいと感じられるのでしょうか。
以下は堅苦しく感じる文章の一例です。

・厳寒の折、いかがお過ごしでしょうか。

「厳寒の折」という表現は、寒さの厳しい季節という意味ですね。
手紙では使われる時候の挨拶としては問題ありませんが、やや畏まった印象を与えます。
寒さに関して相手を気遣う言葉は、書き方によって印象が変わりますよね。
例えば、「毎日寒い日が続きますが」といった表現の方が柔らかい印象になります。

・皆様のご健勝を心よりお祈りいたします。

「ご健勝」とは、健康で元気であることを指します。
季節の挨拶などで頻繁に使われる言葉ですが、やはりやや硬い印象を与えます。
相手の健康を祈る言葉として、堅苦しくない表現にするなら「どうぞお体を大切にお過ごしください」といった表現も適切です。

・本年もよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます。

「ご厚誼」とは、親しい付き合いのことを指します。
寒中見舞いの締めの言葉としては適切ですが、やや堅苦しい印象を与えます。
友人との関係性にもよりますが、友人であれば「今年もどうぞよろしくお願いします」といった表現でも問題ありません。

友人への気軽な寒中見舞いはがきの文例

友人への気軽な寒中見舞いはがき文例です。

気軽な冬のご挨拶の一例

寒中お見舞い申し上げます。
立春とは名ばかりの寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで私たち家族は風邪ひとつひかず、元気に過ごしています。
まだまだ寒さは続きますので、どうかお身体を大切にお過ごしくださいませ。

スポンサーテキスト

令和○○年 1月

寒中お見舞い申し上げます。
お正月はいかがでしたか。のんびりされましたでしょうか。
寒い日が続きますが、くれぐれもお体を大切にしてください。
暖かくなったらまた一緒に旅行に行きましょう。

令和○○年 1月

年賀状へのお礼の気軽な文例

年賀状を出していない方から年賀状を頂いた場合と、返事が遅れた場合の、気軽な文例です。

寒中お見舞い申し上げます。
年賀のご挨拶、ありがとうございました。
寒い日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
体調に気をつけてお過ごしくださいませ。
本年も良い年になりますよう、お祈りいたします。

令和○○年 1月

今年は年賀状を出すことができず、お礼の言葉が遅くなってしまいました。
いつもお世話になっていること、暖かいお言葉にいつも励まされていること                                       感謝しています。                                                                                                              寒中の厳しい季節、お体を大切にしてくださいね。
また暖かくなったら一緒に遊びに行きましょう。

令和○○年 1月

以上が気軽な寒中見舞いへの返事の一例です。
友人との関係性や状況に応じて、表現を工夫してみてください。
相手が堅苦しい文章よりも気軽に読めるものを望んでいるのであれば

自然な言葉や親しみやすい表現を心掛けましょう。
大切な友人への寒中見舞いはがきは、気持ちを込めて素直な言葉を書くことが一番です。

スポンサーテキスト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次